電力自由化でお得なシンプル料金プランで探す電力会社ランキング

TOP > 電力自由化 > 電力自由化で得する!シンプルな料金プランで選ぶ電力会社ランキング

電力自由化で得する!シンプルな料金プランで選ぶ電力会社ランキング

2016年4月より「電力自由化」が始まりました。

新電力会社からさまざまなプランが提供されていますが、どれを選んだらいいのか難しいですよね。

そこで、料金プランがわかりやすくシンプルなおすすめ新電力会社をランキングでご紹介します。

いくら位電気代が安くなるのか検索してみましょう。

いよいよ始まる「電力自由化」

2016年より「電力自由化」が始まりました。

まずおさらいとして電力自由化とは何が自由になったのでしょうか。

「電力自由化」とは

2016年4月に法改正が行われ、家庭向けの電力小売り事業が全面的に自由化されました。

これが今メディアで取り上げられている「電力自由化」です。

これまでは関東なら東京電力、関西なら関西電力と地域ごとに契約することのできる電力会社が決まっていました。

それがこれからは自由化され、様々な企業が新電力会社として参入しています。

そのため例えば携帯電話を契約する際にいくつかの会社の料金体型を比較して決めるのと同じ感覚で、電気を買う会社を選べるようになったのです。

市場にあふれる新電力会社

電力自由化に伴い、市場には新たな新電力会社が次々に参入しています。

その数は2016年9月現在で300社以上。

一つ一つ新電力会社のプランを比較してどれが安いか考えるのなんて無理ですよね。

それに各社の電力プランを見てみると複雑でほんとうに安いのかどうかもわかりにくいです。

そこでおすすめなのがシンプルな料金体系を提供している新電力会社です。

おすすめは電力単価定額制プラン!!

基本的に新しく登場している電力会社のプランの多くは3段階制従量料金、一定量までは第1段階の単価、それ以上は第2段階の単価、次の一定量を超えたら第3段階の単価と、わかりにくい仕組みがとられています。

この仕組だと単価は第1→第3へと移動するにつれて高くなるので、電気をたくさん使う家庭では割高になってしまうんです。そこで、おすすめなのはこの3段階制従量料金ではなく、どんなに使っても単価が変わらない単価定額プランです。

これならどんなに使っても単価は変わらないですし、料金体系もシンプルなのでわかりやすくていいですよね。

この2つの仕組みについてもう少し詳しく知りたい方はこちらから↓

2016.09.20
電力自由化で登場したたくさんの電力プラン。あなたに最適なおすすめのプランの見つけ方をわかりやすくご紹介していきます。

どんなに使っても単価が定額なプランランキング(東京電力エリア)

ではさっそく料金体系に定額制を取り入れているわかりやすい電力会社のランキングを確認してみましょう。

料金体系がシンプルだと家庭の毎月届く「電気使用量のお知らせ」を見れば、毎月の電気代がいくらになるのか簡単に比較することが出来ます。

毎月の電気使用量の調べ方はこちらから

電力自由化で見直したい!電気代の仕組みとは?

1位 Loopでんき おうちプラン

基本料金0円・従量料金完全定額と今までの常識を打ち破る料金体系で話題となっているLoop。

おうちプランでは従量料金が一律で26円/kWhと非常にわかりやすいのが特徴です。

さらにLoopは環境に優しい再生可能エネルギーにも積極的で、電気構成全体の約26%がFIT電気・再生可能エネルギーなため、契約するだけで環境保護にも貢献できます。

Loop おうちプランについて詳しくはこちら

2位 中国電力 ぐっとずっと。プラン(東京電力エリア)

こちらも基本料金が無く、従量単価を定額にしたシンプルな料金体系。

電気単価は25.62円/kWh。毎月の使用量が400kWhを超えるような電気を比較的たくさん使う家庭におすすめのプランとなっています。

注意が必要なのは、単価を見ると1位のLoopよりも若干低いですが、最低月額料金が3,240円に設定されているため毎月の使用量が多い家庭向けのプランという点です。

中国電力 ぐっとずっと。プランについて詳しくはこちら

ぐっとずっと。プランスマートコース

3位 四国電力 オリーブプラン(東京エリア)

四国電力のオリーブプランは従量制と定額制のいいところ取りをしたような料金体系が特徴です。

使用量が300kWhまでは7,800円の定額、それ以降は28.30円/kWhという料金体系です。

毎月コンスタントに300kWh は超えるけど、400kWh以上も使うわけではないという家庭におすすめのプランです。

四国電力 オリーブプランについて詳しくはこちら

オリーブプラン

自分にピッタリのプランを見つけよう

上の見出しでは、料金体系のシンプルでわかりやすい3プランをランキングでご紹介しましたが、2016年4月に始まったばかりの電力自由化、どんどん新たにオトクなプランが登場しています。

そこで最新の新電力会社のプランで実際にあなたの家の電気代がどれくらい安くなるのかも簡単に(サイト名)で調べることができます。

たった数分で100以上の電力会社からあなたに最適なプランを導き出します。

年間に電気代がいくら安くなるのか知りましょう。

あなたの電気代は毎年いくら安くなる?5分で簡単おすすめプランシミュレーター↓ 電気料金しっかりシミュレータ

私がお届けしました!

ピカ丸
専属ライター/オールラウンダー
我が家のPCとゲーム機が電気を食べまくっていると発覚後、
ゴミ場に連れていかれないためになんとかPCとゲーム機の電力消費を抑えようと奮闘中。
好きな家電 →PC/ゲーム機全般/こたつ

関連する他の記事

電気料金をお得に!簡単に行える節電に対する取り組み
節電に対する少しの取り組みで電気料金は安くなります。ここでは、誰でも簡単に行える節電に関する知識を…
【電力自由化】環境のためにどんな発電所を選ぶ?
電力自由化に伴い、環境のために配慮した発電所から生まれた電気を購入することも可能になりました。どん…
電力自由化の対象となるのは“特定”から“全て”に変わります!
電力自由化の対象が全需要に変わったことにより日本の電気事業は新たな時代へと突入していくことになりま…
電気の消費が「見える」?IoTで消費電力可視化サービス
IoT(インターネット・オブ・シングス)の考え方で、分電盤にセンサーをつけて電気消費量を計算し、リア…