スーパーの新電力プラン特集

TOP > 新電力 > 食材も安くなる!?スーパーマーケット系新電力のプラン

食材も安くなる!?スーパーマーケット系新電力のプラン

電力自由化によってガス系や携帯電話系、ガソリン系などの新電力が電力小売事業に参入したことは有名ですが、スーパーマーケット系電力会社も電力小売事業に参入しているのをご存知でしたか?

スーパーマーケットも、他の新電力と同じようにセット割引やポイント還元、各種特典などのサービスが受けられます。

スーパーマーケット系新電力の「スマ電」

スーパーマーケット系新電力が提供するお得な電気のことを、「スマ電」と呼びます。

スマ電にすると、割引やポイント還元、新商品のプレゼントなど各スーパー独自の特典を得ることができます。

スマ電は、各スーパーマーケットや公式ホームページで契約することができます。

■スマ電のプランはとてもシンプル

スマ電のプランはとてもシンプルになっています。例えば、東京電力の従量電灯Bと比べると、東京電力の従量電灯Bの基本使用料と第1段階料金(120kWhまでの使用量)、第2段階料金(120〜300kWhまでの使用量)と全く同じです。

そして、第3段階料金(300kWh以上の使用量)で12%の割引を受けることができます。1%や2%のポイント還元や割引しか受けられない新電力もあるので、この割引率はかなり高いと言えます。

電気を月々300kWh以上使用する人数の多い家庭には、かなりおすすめのプランとなっています。

■東京電力の第3段階料金と比較

東京電力の第3段階料金と比較してみましょう。

東京電力の第3段階料金は、1kWhごとに30円02銭かかりますが、スマ電の第3段階料金は1kWhごとに26円33銭です。

基本料金が同じなので、これだけでかなりお得ということがわかります。

しかし、6ヶ月契約の途中で解約すると、途中で解約手数料2,000円がかかるので注意しましょう。

しかし、多くの長期契約割引の新電力では2年契約が多いので、6ヶ月は気軽に解約しやすいので、他の解約手数料のかかるプランよりもおすすめです。

スマ電は提携スーパーで申し込みが可能

スーパーマーケット系の新電力といっても、各スーパーマーケットが直接電力小売事業に参入しているわけではありません。

スマ電は、提携スーパーで申し込むことができるサービスなので、スーパーと直接契約するわけではありません。

日々のお買い物をするように電気を変えられるスマ電を提供しているのは、株式会社アイ・グリッド・ソリューションズです。

電気はアイ・グリッド・ソリューションズによって提供されており、提携しているスーパーマーケットで特典を受け取ることができるシステムです。

■スマ電の取扱いをしているスーパーマーケット

スマ電の取扱いをしているスーパーマーケットは、以下の通りです。

●エーコープ京都中央

・京都

●アピタ・ピアゴ

・愛知、静岡、岐阜、三重、長野

●にしがき

・京都、兵庫

●一号館・ラッキーマート

・三重、岐阜

●ベルクスベルスポ

・東京、埼玉、千葉

●生鮮館なかむら

・京都

●ボトルワールド

・奈良、大阪、兵庫

●いちやまマート

・山梨、長野

このように見てみると、京都府で提携しているスーパーマーケットが多い印象です。

よく行くスーパーマーケットがスマ電に加入しているか?

スマ電は、電気使用量が多い家庭に向いているプランです。

しかし、よく行くスーパーマーケットがスマ電に加入しているかどうかのチェックは忘れないようにしましょう。

よく行くスーパーマーケットがスマ電に加入していないと、せっかくのポイント還元やプレゼントなどの特典を受けることができません。

わざわざ遠いスマ電加入のスーパーに行くのも面倒ですよね。

最寄りのスーパーがスマ電に加入している方には特におすすめの新電力です。

例えば、以下のような特典を受け取ることができます。

・毎週卵のプレゼント

・入会ボーナスポイントの付与

・毎週日曜にスマ電加入の方だけ、スーパーでの買い物時にポイント5倍

この特典だけ見ても、人数が多くスーパーで食材を沢山購入する家庭にとてもお得なことがわかりますよね。

スマ電以外のスーパーマーケット系新電力

株式会社アイ・グリッド・ソリューションズによるスマ電以外にも、スーパーマーケット系の新電力による電力販売は行われています。

スーパーマーケット「平和堂」や「アル・プラザ」などを展開する平和堂では、電気料金1%分がポイント還元される特典などがあります。

洸陽電機と提携しているので、洸陽電機のプランと同じ電気料金となります。

平和堂をよく利用し、かつ中部電力エリアの洸陽電機のプランを検討している方におすすめのプランとなっています。

ですが、スーパーマーケット系新電力なら株式会社アイ・グリッド・ソリューションズが提供するスマ電がおすすめです。

特に、300kWh以上の電力を使用する家庭に非常におすすめできます。

しかし、特典を提供してくれる提携スーパーが近くにない場合は、切り替えによる恩恵をそこまで受けることができないので、申込はあまりおすすめできません。

しかし、スマ電と提携しているスーパーは徐々に増加してきているので、悩んでいる方はもう少し様子を見てみるのも良いかもしれません。

私がお届けしました!

ジャンヌ
ライター/エコなものが好き
エコじゃないものと闘う、地球に優しい女性ライター

関連する他の記事

電力自由化で電気料金は乱高下したりしないの?
電力自由化で新電力会社に乗り換えたら、会社の都合でコロコロ値段変わったりするんじゃないのと心配のあ…
電力自由化は電力システム改革という政府施策の一部です
電力小売事業が自由化された電力自由化が身近ですが、電力自由化は、電力システム改革の一部です。電力シ…
ブンヤ教授の電ニュース!:海外では電力自由化がおすすめされている?
電力自由化で新電力に乗り換えを行うのが本当におすすめなのか、日本よりも早く自由化を行っていた海外の…
電力自由化はメリットだけじゃない?乗り換える時に気をつけるべき点
電力自由化でお得な電気料金に乗り換える時、デメリットはないのでしょうか?メリットとデメリットの両方…