電力自由化によるメリット

TOP > 電力自由化 > 電力自由化によってどのように変わりどのようなメリットがあるか

電力自由化によってどのように変わりどのようなメリットがあるか

電力自由化によって、料金やサービス内容を比較して電力会社を自由に選択することができるなど、大きく電力のマーケットは変わります。

毎日電気は使用するため、私たちの暮らしに電力自由化が大きな影響を与えるでしょう。

ここでは、電力自由化によってどのように変わるか、どのようなメリットがあるかについてご紹介しましょう。

どのようなことが電力自由化によって変わるか?

電力自由化というのは、電力小売りの自由化、発電の自由化、配送電の自由化の3つに分類されます。

私たちの暮らしに対して大きく影響があるのは、家庭向けの2016年4月に始まった電力小売りの自由化です。

これまでは、東京に住んでいれば東京電力などというように、それぞれのエリアごとに従来からある電力会社の大手からのみ電気を買う必要があるように法律によって規制がされていました。

しかし、電力自由化によってこの規制が見直しされ、新しい新電力の会社が電力業界に参入できるようになりました。

今からは、いくつもの業者がサービスする契約メニューや料金プランの中から自由に最も自分に適したものを選択することができます。

電力自由化によるメリット

電力自由化によるメリットは、電力会社が選択できる、プランのセット割引などの選択肢が多くなる、電気を環境に優しいものなどからも選択できる、ことが挙げられます。

ここでは、それぞれのメリットについて詳しくご紹介しましょう。

電力会社が選択できる

電力自由化のメリットは、電力会社のさまざまな電気料金プランを比べて選択できることです。

これまでは、電力会社は競争する相手がいなくて地域で独占されていました。

しかし、電力自由化によっていろいろな企業が新電力の会社として参入してきたため、競争が起きてきます。

今からは、電気料金の割引、低下、ポイント付与などアピールを料金面で行ったり、これまでに無かったようなサービスやプランのユニークなもの、環境に優しい電気を使ったりするなどによって差別化を図る必要があります。

すでに非常に多くの企業が小売電気事業者として登録しており、このような企業の中には石油会社やガス会社のみでなく、異なった業種の旅行会社や通信会社などもあります。

このような企業は電気を調達するために、発電所を新しく作ったり提携先の卸電力取引所や発電所などから買ったりするようになります。

プランのセット割引などの選択肢が多くなる

また、セット割という自分の会社のサービスとセットにしたものも一つのメリットと言えます。

通信会社の場合にはインターネットや携帯電話とセットで加入することによって電気料金がお得になるプランなど、新電力のそれぞれの会社が得意なジャンルと電気料金をセットにしたプランのユニークなものがあります。

また、従来の電力会社の大手の場合にはないような全く違ったプランが出てくることも期待できます。

電気を環境に優しいものなどからも選択できる

さらに、自然エネルギーの風力発電や太陽光発電などで発電した電気や、二酸化炭素の排出量が多くない電気など、環境に優しい電気からも選択できます。

一方、安い電気をとにかく多く使用したい人もいるでしょう。

このような個人の多様化する要求に対応できるようなプランも出てくるでしょう。

これ以外にも、高齢者を見守るサービスや自宅の鍵を無くした際などに来てくれる生活の安心のサービスが出てきたりするかもしれません。

また、電気をガス会社で契約すると、一緒に電気とガスの請求書がなるなども考えられます。

電気料金が電力自由化によってどうして安くなるか?

では、電気料金が電力自由化によってどうして安くなるのでしょうか?

従来は総括原価であった

今までは、電気料金を算出する場合に、一定の将来の期間に想定される設備と電力使用量を考えて、利益を必要な原価にプラスしたものを総括原価としてきました。

このような総括原価方式の場合でも、経営が効率的に行われることが必要です。

しかし、地域に従来からある電力会社の大手の場合には競争がないので、審査が国によって行われていましたが、ある意味電気料金が電力会社の言うような価格で決定されていました。

電力自由化後は競争になる

そのため、電力自由化は、それぞれの電力会社が競争する競争原理を採用することによって、経営のさらなる効率化を促進すべきとの考えに基づいて推進されています。

電力事業に新しく参入する企業は、石油会社、ガス会社、通信会社、電機メーカー、商社などいろいろです。

このような企業は収益部門をすでに有しており、新しい収益部門を電力事業へ参入することによって育成するとともに、シナジー効果もすでにある事業部門のものとも期待しています。

電力事業のみでは収益がそれほど出なくても、電力業界に参入することによって企業全体の収益や売上を増やそうと考えるところもあるでしょう。

また、電気料金を低下することによって、新しい結びつきをユーザーと作って本業の儲けをアップすることを狙っているところもあるでしょう。

このようなことから、電力自由化によって電気料金が安くなります。

私がお届けしました!

アリサ
専属ライター/女性視点でお届けします
お料理とお買い物が大好き!ピンクのものに惹かれてしまいます。
携帯の料金のせいで月々の支払いが大変っっ!
好きな家電→ヘアアイロン

関連する他の記事

電力自由化の対象となるのは“特定”から“全て”に変わります!
電力自由化の対象が全需要に変わったことにより日本の電気事業は新たな時代へと突入していくことになりま…
電力自由化の要である電力会社のお仕事とは
日本の電力会社は、発電―発送電―変電―配電の一貫体制を取っているのが特徴です。こうした電力の仕組み…
【電力自由化】2016年秋から始まる北陸電力のキャンペーン
電力自由化後、北陸電力では様々な新規入会キャンペーンを行っています。2016年秋から行われているキャン…
東京電力を使い続けるメリットについて
電力自由化で電気料金が安くなると聞いて、安易に電力会社を乗り換えて失敗している人はたくさんいます。…