電力自由化でマンション住民が乗り換えするならここに注意!

TOP > 電力自由化 > 電力自由化でマンション住民が乗り換えする時の注意点

電力自由化でマンション住民が乗り換えする時の注意点

電力自由化と選択肢
2016年から電力自由化がはじまり、自由に電力会社を選べるようになりました。賃貸の方も、基本的に電力会社を自由に選べますが、マンション住まいの方は、戸建ての場合とどのような違いがあるのでしょうか?この記事で詳しく解説していきます。

電力自由化についておさらい

最初のステップとして電力自由化について軽くおさらいしておきましょう。今までは、東京電力や関西電力など、地域が指定する電力会社しか選ぶことができませんでした。しかし、電力自由化によって、家庭(戸建て、賃貸関係無く)や小規模事務所であっても自由に電力会社と契約することが可能になりました。電力会社によって、自由に料金プランも選ぶことが可能になりました。

実は電力自由化は2000年以降から進められてきた

電力自由化は2016年4月から初めて実施されたと思っていませんか?実は、工場や大型ビルなどの施設では、2000年以降から電力自由化が進められてきました。2016年4月からは、マンションや戸建て、アパートなどの一般家庭でも自由に電力会社が選べるようになったのです。

電力自由化にはどんなメリットがある?

電力自由化で気になるのはどんなメリットや恩恵が得られるのかということですよね。携帯電話の会社がdocomo、au、ソフトバンクと選べることができるようになり、最近では格安SIM販売されて、かなり携帯電話料金を下げることができるようになりました。そのため、格安SIMのように、電力自由化によって電気代も大幅にカットできると思っている方もいるようですが、残念ながら電力自由化では、現在のところ格安SIMほどの大きな電気代の割引は期待できません。

電力自由化によるデメリット

基本的には、電力自由化でマンションなどの賃貸でも電気料金を安くすることが可能になりました。しかし、契約する会社によっては、契約プランをしっかり吟味しないと今までより逆に電気代がかかるようになる場合もあります。また、電力自由化によって規制がなくなるため、それだけリスクも上がるようになります。選択の幅が広がるという大きなメリットもある反面には、質の低いサービスを提供する会社と契約してしまうリスクがあるのです。新たに契約する場合は、公式ホームページを隅々までチェックしたり、比較サイトなどを使って納得するまで吟味しましょう。

マンションと戸建ての違い

電力自由化ではマンションでも事業差を選べることが可能ですが、場合によっては選べない場合もあるので注意しましょう。戸建ての場合は、電気代は基本的に各家庭戸別に契約しています。しかし、マンションの場合は戸別に契約できない可能性があります。マンションの場合は「高圧一括受電」となっていて、一つのマンションが一括で電気料金を契約している場合があります。その場合は、各家庭自由に電力会社を選べないことがあります。高圧一括受電では、一括で契約しているため、電力自由化前まではそもそも各家庭の電気料金が安く抑えられるというメリットがありましたが、電力自由化後は自由に電力会社を選べないので選択肢が減るというデメリットがあります。新しくマンションに引っ越ししようとしている方は、住もうとしているマンションが高圧一括受電なのかどうか確認しておくことをおすすめします。

マンションの方はまずは確認を

現在マンションにお住まいの方は、住んでいるマンションが高圧一括受電を知るためには管理組合などに確認する必要があります。また、電気代の契約が他人名義となっている場合も勝手に電力会社を選ぶことはできません。マンション住まいの方で電力会社で電力会社の変更を検討している方は、まずは以下の2点を確認しましょう。

・高圧一括受電かどうか

・契約者の名前

おすすめの電力会社は?

細かいことはどうでもいいから、とにかく安くておすすめの電力会社を知りたい!と思っている方も多いかと思われますが、注意が必要です。電力自由化によって、複数の会社を選ぶことができるようになりましたが、先ほどの説明のように格安SIMほど大きな割引はあまり期待できません。しかし、「ご自身のライフスタイルにきちんと合わせた選択」によって、大幅に月々の出費を減らすことは可能です。

注目したい一括請求

おすすめなのが、auでんきや東京ガスで家計を一本にしてくれる一括請求です。携帯電話がauユーザーの方は、電気代もauでんきで契約すると、電子マネーでポイント還元されるので大きなメリットがあります。ガスを東京ガスで契約している場合、電気代も東京ガスで契約して一本化すると、年間の電気代がかなり安くなります。

電力自由化によって、マンションでも高圧一括受電でない場合は好きな電力会社を選ぶことができるようになりましたが、注意して契約しないと元の契約よりも高くなってしまう可能性もあります。今のところ、格安SIMのように大幅な節約はできませんが、ライフスタイルに合わせたプランの場合、年間で4人家族の場合、15,000円程度の節約が可能になっています。電力会社の変更は、一人暮らしよりも家族が多い家庭の方がお得になります。家族でマンション住まいの方の場合ならばどれくらいお得になるか是非検討してみてください。

私がお届けしました!

ジャンヌ
ライター/エコなものが好き
エコじゃないものと闘う、地球に優しい女性ライター

関連する他の記事

電力自由化に携帯キャリアが参戦!ソフトバンクでんきの電気料金プランとは
ソフトバンクでんきは、携帯キャリアのソフトバンクが始めた電力会社。主に、スマホやケータイとの同時加…
電気料金の領収書を保管する際の注意点
電気料金の領収書を保管する際に気をつけるべきことや処分してしまったときの対処法などを詳しくお教えし…
新電力の部分供給を上手に活用するために知っておくべき事
電力自由化が始まったことによって新たに新電力の部分供給を利用することができるようになりました。2つ…
電力自由化後に展開されたプランと合わせたいおすすめの炊飯器
炊飯器の選び方によって電気代は変わります。年間消費電力量に着目して、電気代を節約しましょう。おすす…