パソコンの電気代を節約するにはスリープ状態がいいらしい。

TOP > 電ニューコラム > スリープとシャットダウンどちらが電気代を節約できる??

スリープとシャットダウンどちらが電気代を節約できる??

職場だけでなく、ご家庭でもPCを使うことが多いみなさん。
「パソコンは常にスリープにしている方が電気代は安いらしいよ!」

という話を、偉そうに誰かに言われたことはありませんか。

私はあります。

それを聞いてから、いちいちシャットダウンすることが面倒だということもあり、

パソコンは基本的にスリープ状態にしている私ですが、実際電気代を節約することはできているのでしょうか。

PCを90分以上使わないならシャットダウンが正解らしい

実はこの問題について、以前にあのマイクロソフト社が調査をしていたようです。
注目の結果はこちら。

90分以内にPCを再度使う場合はシャットダウンせず、スリープしたほうが電気代を節約できる】

な…なんと…!
3日以上ノートパソコンを使わないままスリープ状態にしている私は、
まったく電気代を節約できていなかったということです。
誰かさんに、まんまと騙されてました。
まったく!誰だ!変な入れ知恵をしたのは!!

ところで「休止」モードって節電できるの?

ところで、Windows PCには上記で挙げた「シャットダウン」・「スリープ」の他に「休止」モードがあります。
この「休止」ってなかなか使わないですよね。
もしかしてこの休止モードを使えば、さらに節電して電気代を節約することができるんじゃ・・!?
そう思った私は「休止」モードについて調べてみましたが、まあやっぱり、そんなことはなさそう。

皆さんも【90分以上の離席ではシャットダウン】を頭に叩き込んでおいてください。

Windowsの「休止」モードとは

スリープとは、メモリのデータをそのままそっくり残しておくこと。
一方で休止では、メモリのデータをハードディスクに書きだした後に、電源をオフにする。

私がお届けしました!

アリサ
専属ライター/女性視点でお届けします
お料理とお買い物が大好き!ピンクのものに惹かれてしまいます。
携帯の料金のせいで月々の支払いが大変っっ!
好きな家電→ヘアアイロン

関連する他の記事

アメリカの電力自由化事情、失敗例と成功例
日本に先がけて電力自由化を行ったアメリカには、失敗例と成功例が存在する。その具体的な内容と経緯、失…
東京電力が始めたスマート契約ってどんな仕組み?
スマート契約という電気料金の新しい契約方法について、仕組みやねらいのまとめ。電気料金の算出方法や、…
電力自由化でシンプルな電気料金プランになった四国電力を解説!
四国電力は、電力自由化を受けて電気料金プランを4つに集約。わかり易いものが多いが、一つだけとても複…
電気料金の基本料金の仕組みってどう決まっているの?
基本料金で見る電気料金についての記事。電気料金の変化は、契約アンペアの値の違いでなく、ある月の契約…