IoTを用いた電気消費量可視化サービスが開始

TOP > 電ニューコラム > 電気の消費が「見える」?IoTで消費電力可視化サービス

電気の消費が「見える」?IoTで消費電力可視化サービス

TIS株式会社が「IoT(インターネット・オブ・シングス)」を利用した
消費電力の可視化サービスを開始しました。

分電盤の中の線にクリップ型のセンサーを取り付けて、消費電力データを収集し
パソコンやモバイル端末からいつでも消費量や電気の料金を確認できるサービスです。

主に飲食店向けの分析サービス

4月から始まった電力自由化で、電気会社の乗り換えを検討している方も多く、比較サイトなどでは個人住宅の話が取り上げられがちですが、飲食店など多数の店舗を持っている方も、乗り換えでお得になるか気になる所ですよね。

そのためにはまず、各店舗がどのぐらい電力を使っているのか把握したいところですが、一店舗ずつ見て回るのはなかなかの重労働。
そこで、この可視化サービスが活躍します。

プレスリリースより...
本サービスでは、サービス導入コンサルティングからセンサーの設定、データ分析、そしてデータ分析から得られた結果をもとにした業務改善提案などをお客様の要望に合わせて提供します。

例えば、飲食業など多店舗展開する業態の企業の施設管理において、各拠点の消費電力を測定し、機器ごとの電気使用量を分析することで、電気料金の削減やオペレーションの改善に活用することができます。多くの拠点を有する企業ほど、多数の分電盤が設置されているため、本サービスをより有効に活用できます。

ふむふむ、お店ごとの配電盤にセンサーをつけて、集めた情報を見たり、改善案まで提案してくれるサービスなんですね。
いくつもお店をもっている方や企業で、電力自由化に興味のある方には是非導入して欲しいサービスですね!

IoTで電気も新時代へ

ありとあらゆる物をインターネットへとつなぐ考え方「IoT」が、電気の世界でも注目されるようになってきました。

このリリースは拠点をたくさん持つ方へのものですが、個人向けの「見える化」もすすんでおり
電力自由化の勢いもあり、電気は「把握して選ぶ時代」へと変わっていくのでしょう。

私がお届けしました!

アリサ
専属ライター/女性視点でお届けします
お料理とお買い物が大好き!ピンクのものに惹かれてしまいます。
携帯の料金のせいで月々の支払いが大変っっ!
好きな家電→ヘアアイロン

関連する他の記事

電力自由化で活性化しているPPS……ってナニ!?
電力自由化にともない電力市場に新規参入を果たすPPS会社が増えています。電力市場に乗り出すPPSとは一体…
電力自由化で参入した中部エリアのPPSを比較
電力自由化が始まると、各エリアで自由に契約する電力会社を選べるようになりました。今回は中部エリアで…
【電力自由化ニュース】燃料費高騰で大手5社の電気料金が値上げ
燃料費の高騰で、2016年の10月、地域の大手電力会社5社では電気料金は値上げとなるようです。電気料金が…
電力自由化でオール電化の家は得する?メリット・デメリット
電力自由化でオール電化の家庭の場合、損するのか得するのかについて解説します。オール電化の家庭の場合…