新電力のランキングTOP3 はこの3社!

TOP > 新電力 > 電力自由化における強豪新電力ランキング!!

電力自由化における強豪新電力ランキング!!

今回話題に上がっている電力自由化ですが2016年4月が初めてのスタートではありません。

2005年から大きな電力需要に対する自由化はスタートしており、すでに新電力の参入はその時から始まっています。

今回の電力自由化は一般家庭などの小さい電力需要のためのものであり、新たな新電力は多く参入すると言われておりますが、現在すでに事業を始めている新電力が大きな力を見せることはある程度予測できるでしょう。

実際にどこの会社が強いと言われているのか紹介していきたいと思います。

新電力ランキング第一位はエネット!

エネットNTTファシリティーズと東京ガス、大阪ガスによって設立された新電力会社です。

ITとエネルギー技術を組み合わせることにより経済的で多様な電力サービスを提供することをテーマに掲げております。
エネットは電力市場において長年功績を残してきており、現在は業界ランキングトップのシェア率を誇る新電力です。

その要因には全国に多くの供給施設を持っていることや発電力の高さにあると考えられます。

東京ガスや大阪ガスが持つ発電施設を利用しつつもIT技術により効率的な供給を実現し、安価で提供するだけでなく電気を見える化し、利用者側にとっても分かりやすいシステムを構築するなど多方面においてしっかりとしたサービスを行っています。

さらにエネルギー資源もクリーンなエネルギーを中心に環境の負荷が少ないものを取り入れています。
天然ガスや再生可能エネルギーが発電全体の75%を占めているということで、環境にも配慮しているというのは評価をせざるを得ないでしょう。

第二位は日本を代表する企業「丸紅」!

日本を代表する大手商社の丸紅も電力事業にいち早く着手し、現在も他社にひけをとらないシェア率を誇っています。

そんな丸紅は再生可能エネルギーに大きな力を入れており、北海道に大規模な太陽光発電所の稼働をスタートさせ、大分県にもメガソーラーの稼働をスタートしています。

さらに風力発電の新たな試みなども大学や研究機関と提携を結びながら着手しており、地球環境に配慮したエネルギー開発に強く力を入れています。

さらに2016年の電力自由化に向けて新たに都市部に5か所の火力発電所をスタートさせ、発電能力は現在の10倍にもなる量の発電力を所有することになります。

これは新電力のなかでは最大規模の発電施設を所有することとなり、大きなパワーをもった新電力会社になることは間違いありません。

今後の電力自由化に向けて相当な費用をかけている丸紅は、他社と比較してもしっかりとした電力供給を行うことができることは疑いようがありませんね。

第三位は伊藤忠エネクス!

伊藤忠エネクスは石油製品やガスの販売や自動車関連事業など様々な方面に着手している商社ですが、電力自由化の流れに伴い再生可能エネルギーや自社の発電設備を利用した電力事業を行っています。

伊藤忠の電力事業のテーマは経済性の確立と環境維持の両立となっており、総合エネルギー提案型企業として利用者にたいする電力コストの削減と安定した供給ができるような取り組みを常に展開してきています。

伊藤忠エネクスはクリーンエネルギーに重点をおいており、石炭火力発電が30%でありますが、それに対して風力発電による発電量は28%、さらに水力発電による発電量は6%を占めています。
これにより再生可能エネルギーは全体の35%ともなっており、地球の環境を考えた取り組みを盛んにしている新電力企業として注目を集めています。

しっかりとした目的と高い発電力をそれぞれ持っています。

今ご紹介してきた新電力である三社は自社の特徴を生かしつつもしっかりと地球環境を考えた発電方法を行ってきた企業となっており、そのしっかりとした目的が高いシェアをされる要因となっていることは間違いありません。

全自由化に向けてもしっかりとした準備をしてきていることが予想されますので、今後の自由化に向けて電力市場を盛り上げる重要な3社であると言えます。

わたしたち利用者にとってもどのような対応がとられるのか注目をしておきたいですね。

私がお届けしました!

チャーリーブラック
専属ライター/新電力がアツいです
寒がりで普段から着こみ癖があります。
冬は電気代を抑えるのに必死です。
好きな家電→ 加湿器と15年以上使っているDENONのコンポ

関連する他の記事

電力自由化による電気の料金の動きを予想してみよう!
電力自由化によって私達の電気料金は様々な形へと変化をしていくことが考えられます。生活をさらに快適に…
電気料金にかかる税金の種類とは?
電気料金には、どのような税金がかかっているのでしょうか?直接的に徴収されているものから、私たちが知…
ブンヤ教授の電ニュース!:電力自由化後の電力会社倒産時の手続き
電力自由化以後に乗り換えた電力会社が倒産してしまった場合にはどうしたらいいのでしょうか、手続きや取…
地熱発電が強い!東北電力のクリーンエネルギーへの取り組み
東北電力では、太陽光発電をはじめ、様々なクリーンエネルギーへ取り組んでいます。東北電力のクリーンエ…