電力会社を比較!2人暮らしにおすすめの電力会社をご紹介

TOP > 電気料金 > 【2人暮らし】電力会社を比較!おすすめの電力会社をご紹介

【2人暮らし】電力会社を比較!おすすめの電力会社をご紹介

二人暮らしのカップル
基本的に、一人暮らしよりも二人暮らしの方が電力自由化の恩恵は受けやすいです。今回は、日中は2人とも働いており、夜間の電気の使用が中心の場合の二人暮らしの電気料金プランを比較してみました。エリアは東京電力エリアで計算しました。

今回の電気料金比較のための条件

まず、今回の電力会社の料金プランを比較する上での条件をまとめてみます。

・東京電力エリア(23区)在住

・4月の電気料金は9,000円(30A契約)

・平日の日中は二人共外出している場合が多い

・土日はどちらか外出している

・従量電灯B(標準プラン)

この条件で計算すると、現在の電気代は、

・1年間で122,983円

・電気使用量は4,952kWh

となりました。これらの条件で、他の電力会社と比較してみたところ、実質節約額だけでみると以下の電力会社のプランがお得でした。

1,昭和シェル石油(ホームプラン)

最もおすすめで節約できるのが昭和シェル石油のホームプランです。このプランでは、夜間の料金が比較的リーズナブルです。ちょうど仕事から帰ってきて電気をよく使う20時〜翌朝7時までの電気料金がとてもお得です。夜間の料金を重視する場合、時間がライフスタイルに合っていないと大変損をする可能性がありますが、こちらのプランは早めの時間から始まるので夜更かししがちな人以外にもおすすめです。上記の条件でシミュレーターにかけて計算してみたところ、以下の様な結果となりました。

・1年間の電気代は111,138円

・1年間で 11,844円節約

・1年間で9.6%の節約

東京電力の従量電灯Bと比較すると、年間で1万円以上お得になる可能性があります。

ガソリン割引

また、昭和シェル石油ならではの特典も充実しています。ホームプランでは、レギュラー、ハイオク、経由が1リッター1円割引になります。ライフスタイルにのよりますが、年間で1,000円程度の割引になるでしょう。

2,ミツウロコグリーンエネルギー株式会社(従量電灯B)

ミツウロコグリーンエネルギー株式会社は、その名の通り再生可能エネルギーを利用した電力を販売しています。販売する電力の20%程度に再生可能エネルギーが使われています。自社で所有の風力発電所や太陽光発電所も稼働させています。安さだけにこだわるだけでなく、環境へも配慮した電力会社です。上記の条件でシミュレーターにかけて計算してみたところ、以下の様な結果となりました。

・1年間の電気代は111,991円

・1年間で 10,991円節約

・1年間で8.9%の節約

昭和シェル石油と同じように、東京電力の従量電灯Bと比較すると年間で1万円以上お得になる可能性があります。

365日24時間電気代が同じ

ミツウロコグリーンエネルギー株式会社従量電灯Bでは、季節別に電気料金が変動することはありません。また、24時間電気量料金が固定されています。季節や時間に縛られず電気を使用することができます。解約時の違約金や違反金も無いので気軽に契約できるのも魅力的です。

3,サーラeエナジー株式会社(基本プランA)

サーラeエナジー株式会社は、2015年1月に設立されましたサーラグループの電力会社です。家庭向けの電力だけでなく、工場や商業施設などの大型施設にも電力を供給しています。最初の350kWhまでは22.80円/1kWh、350kWh以上の使用になると、25.13円/1kWhの電気量料金がかかるので、あまり電力を使用しない家庭に向いています。サーラeエナジー株式会社の電力は、太陽光発電の電気などは使われていないようです。上記の条件でシミュレーターにかけて計算してみたところ、以下の様な結果となりました。

・1年間の電気代は112,849円

・1年間で 10,133円節約

・1年間で8.2%の節約

こちらの電力会社も、東京電力の従量電灯Bと比較すると年間で1万円以上お得になる可能性があります。

ガスをよく使っている場合は基本プランBもお得

東京電力エリアにはあまり関係ありませんが、ガスをよく使う場合は基本プランBもお得になっています。サーラeエナジー株式会社は、中部ガスと提携しており、ガストのセット割引が適用されます。また、サーラカードで支払う場合、毎年1,200円のポイントを受け取れます。中部ガスと契約している場合は、電力会社をサーラeエナジーにすることを検討してみましょう。

シミュレーターにかけて比較してみると、東京電力エリアに住む夜に多く電気を使う共働きの夫婦や同棲カップルなどは、新しい電力会社に変更することで、1年間で1万円以上の節約ができる可能性があります。これらの電力会社以外にも、様々な特典やサービス、セット割引などを展開している電力会社があるので、しっかりとチェックしてみていただきたいポイントです。気になった電力会社が見つかったら、一度実際にシミュレーターを使って料金をシミュレーションしてみるのをおすすめします。

私がお届けしました!

ジャンヌ
ライター/エコなものが好き
エコじゃないものと闘う、地球に優しい女性ライター

関連する他の記事

ブンヤ教授の電ニュース!:電力自由化による新電力(PPS)の生き残る道
2016年4月から始まった電力自由化によって、様々な業界から電気事業をはじめる新電力(PPS)が増えてきまし…
電力自由化でスーパーもお得に?新電力「スマ電」
電力自由化に伴い、様々な企業が新電力に参入。ついにスーパーマーケットも「スマ電」という名前で参入を…
【子供のいる3人家族向け比較】電力自由化おすすめプラン
子供のいる3人暮らしの家庭の電気料金プランを比較しました。電力自由化で選ぶことが可能になったおすす…
ブンヤ教授の電ニュース! :新電力(PPS)会社に連絡するだけで手続き完了?
電力自由化で、新しい電力会社に切り替えるときはスマートメーターは必須となります。このスマートメータ…