コンビニ業界の新電力プランについて

TOP > 新電力 > コンビニ業界から初の新電力プラン!ローソンと三菱商事の「まちエネ」

コンビニ業界から初の新電力プラン!ローソンと三菱商事の「まちエネ」

新たに新電力と契約する場合、インターネットからの申込みが多いですが、中には実店舗を持っている小売店舗でも契約することができます。

今回は、コンビニ業界からは初めて参入したローソンの新電力MCリテールエナジーによる「まちエネ」のプランについて解説します。

電力自由化後、コンビニ業界初参入のローソン

電力自由化後、様々な業界の新電力が電力小売事業に参入しています。

その中でも、コンビニ業界初参入のローソンに注目が集まっています。

ローソンと三菱商事によるMCリテールエナジーと呼ばれる新電力は、関東のローソンで申込みができるまちエネのサービスを開始しました。

MCリテールエナジー自体は発電所を持っていませんが、ダイヤモンドパワーから電力を用意しています。

ダイヤモンドパワー自体も三菱商事の子会社として設立され、ダイヤモンドパワーの株式のほとんどを中部電力が保有しています。

まちエネは、単にローソンのサービスだけではなく、三菱商事や中部電力も関わっている大きなサービスです。

■まちエネのメリット

まちエネのメリットを大きく分けると以下の4点になります。

・毎月電気代に応じてPontaポイント付与

・毎月お得なクーポン(100円〜200円相当分)を配信

・プランが1つだけなので簡単

・電気料金がお得になる

Pontaポイントは、1ポイント1円としてローソンで利用できます。

ポイントもクーポンも両方もらえるので、ローソンを頻繁に利用している方は、かなりお得になります。

コンビニ業界が電力を販売するなんて心配という方でも安心です。

新電力では、既存の送配電を使用しているので、停電リスクや電気の質が悪くなる心配もありません。

■まちエネを申し込む上での注意点

コンビニ業界から初の参入となるローソンのまちエネですが、実際にコンビニ店舗から直接申し込みができるわけではありません。

インターネットから申し込むか、もしくは書面を取り寄せて申し込むことになります。

HTBエナジーはHISの店舗から直接申し込みができますが、まちエネの場合はコンビニからは直接の申し込みができないので注意しましょう。

2016年10月から大幅な値下げでかなりお得に

肝心の電気代ですが、地域の大手電力会社と比較してどれくらいお得になるのか気になるところですよね。

2016年9月までは大手電力会社から乗り換えるメリットがあまり感じられない料金設定でした。

しかし、2016年10月から実施しているプランでは、大幅に値下げが行われています。

以前はあまりおすすめできませんでしたが、10月以降はかなりおすすめできるサービス内容となっています。

■東京電力エリアと比べてどれくらいお得?

例えば、東京電力エリアで10A契約の場合、基本料金は280円80銭となっています。

まちエネでは、基本料金は変わらず、電力量料金が以下の通りの割引率となっています。

・第1段階料金(120kWhまで)では0.5%割引

・第2段階料金(120kWh〜300kWh)では4.6%割引

・第3段階料金(300kWh超過分)では13.4%割引

10%を超える新電力のプランは珍しく、かなり高い割引率と言えます。

月々300kWh以上の大量の電気を使う人数の多い家庭におすすめです。

また、新電力の中には10Aで契約できない場合や、10Aの契約では逆に電気料金が高くなってしまう場合があります。

しかし、まちエネなら10Aの契約でも十分お得に利用できます。

電力をあまり使わない1人〜2人暮らしの世帯にもおすすめできる新電力です。

クーポン、ポイントを合算した場合

気になるのが、クーポンとポイントを合算した場合、年間でいくらくらいお得になるのかですよね。

例えば、東京電力エリアで50A契約をし、月々の電気代が16,454円だった場合、まちエネでは15,020円と電気代だけで年間10,000円以上の割引が可能です。

さらに、クーポンとポイントをプラスした割引額は、30,541円相当分となります。

新電力のセット割引は数多くありますが、なかなか30,000円分以上お得になるプランはそうそうありません。

■どんなクーポンを受け取れる?

電子メールを利用してパソコンやスマートフォンに、毎月100円〜200円相当分のクーポンが届きます。

からあげクンが1個無料になるクーポンや、コーヒーが無料になるクーポンがあります。

中には無料クーポンではなく割引券になる場合もあります。

いずれにしても、よくローソンを使う人や家庭にとってはかなりメリットのあるクーポンとなっています。

第1段階料金では0.5%の割引、第2段階料金では4.6%の割引となっており、他の新電力と比べると平均的な割引率だと言えるでしょう。

しかし、第3段階料金では13.4%と大幅な割引となっていたり、一人暮らしや2人世帯の少人数家庭でも割引が適用されたりするので、少人数でも大人数の家庭にもどちらもおすすめできます。

毎月クーポンを貰えたり、電気代に応じてPontaポイントももらえたりするので、ローソンによく行く人には非常におすすめです。

私がお届けしました!

ジャンヌ
ライター/エコなものが好き
エコじゃないものと闘う、地球に優しい女性ライター

関連する他の記事

マンションは電力自由化の対象外?賃貸マンションでもできるか検証
話題の電力自由化。電力会社を自分で選べるようになりました。マンションでも新電力会社に変更できるのか…
電力自由化は電力システム改革という政府施策の一部です
電力小売事業が自由化された電力自由化が身近ですが、電力自由化は、電力システム改革の一部です。電力シ…
電力自由化後に展開されたプランと合わせたいおすすめの炊飯器
炊飯器の選び方によって電気代は変わります。年間消費電力量に着目して、電気代を節約しましょう。おすす…
節電に関するよくある疑問と回答を調査
節電には疑問がつきものです。今回は節電にまつわる疑問を取り上げて、その回答をご紹介。節電と地球温暖…