東京電力地域で太陽光発電で作られた電気を買える、電力自由化の会社

TOP > 新電力 > 【電力自由化】東京電力地域で太陽光発電で作られた電気を買える会社

【電力自由化】東京電力地域で太陽光発電で作られた電気を買える会社

青空とソーラーパネルの家
電力自由化に伴い、ガス会社や通信会社が提供する電力を購入できるようになりました。多くの場合、できるだけ安いプランにしたいと考えているかと思われますが、環境のことを考えて太陽光発電から生まれた電気を買いたいと考えている方もいるかと思われます。太陽光発電によって作られた電気を買える会社をご紹介します。

太陽光発電で作られた電気を購入できる会社

太陽光発電や風力発電など、自然エネルギーによって作られた電気を購入したい場合、以下の様な会社の料金プランから購入することができます。

ミツウロコグリーンエネルギー株式会社

・従量電灯B

・従量電灯C

SBパワー株式会社

・FITでんきプラン(再生可能エネルギー)S(関東エリア)

・FITでんきプラン(再生可能エネルギー)L(関東エリア)

株式会社Looop

・おうちプラン

・ビジネスプラン

・じぶん電力プランA

・じぶん電力プランB

どの会社も電力自由化によって新しく選ぶことができるようになった新電力です。

ミツウロコグリーンエネルギー株式会社の特徴

電力会社に伴って登場したミツウロコグリーンエネルギーの電力は、太陽光発電や風力発電で発電しています。「従量電灯B」と「従量電灯C」のプランでは、よくある時間帯によって電気料金が変動するプランではありません。24時間同じ料金の設定なので、1日のうち、平均的に電気を使ったり、電気を使う時間を気にしたくない家庭に向いています。また、昼間に家に人がいるという家庭にも向いています。季節によって料金が変動することもないので安心です。

「従量電灯B」と「従量電灯C」の違いは基本料金

「従量電灯B」と「従量電灯C」の違いは殆ど無く、どちらも電力量使用料は以下の通りです。

・120kWh以下は1kWhごと21.43円

・120kWh〜300kWhは1kWhごと22.63円

・300kWh以上は1kWhごと25.24円

基本料金は、従量電灯Bの場合は1契約のアンペアごとに料金が設定されています。従量電灯Cの場合は6kVA以上の場合、10Aごとに280.80円かかります。

SBパワー株式会社の特徴

SBパワー株式会社は、ソフトバンクでんきを提供する会社です。ソフトバンクでんきのFITでんきプランは、太陽光発電などの再生可能エネルギーから生まれた電気の比率が高い電気を販売しています。再生可能エネルギーで作られた電気は、57%、リサイクル発電で作られた電気は5%含まれています。完全に太陽光発電ではありませんが、多くの再生可能エネルギーが使われています。

プランSとLの違い

FITでんきプラン(再生可能エネルギー)S(関東エリア)とFITでんきプラン(再生可能エネルギー)L(関東エリア)の違いは、ミツウロコグリーンエネルギーの場合と似ています。どちらも時間帯や季節によって電気料金が異なることはありません。どちらの電気量料金も、以下の通りとなっています。

・300kWh以下は1kWhごと23.40円

・300kWh以上は1kWhごと30.02円

基本料金は、Sプランの場合は1契約のアンペアごとに料金が細かく設定されています。従量電灯Cの場合は6kVA以上の場合、10Aごとに280.80円かかります。

株式会社Looopの特徴

株式会社Looopは、東日本大震災の際、独立型ソーラー発電セットを無償で設置したことをきっかけに生まれた電力会社です。上記の2つの電力会社よりも、より環境に配慮した電力を提供することを特徴としています。単純に太陽光発電で作られた電気を販売するだけではなく、独立型ソーラー発電セットなども販売している会社です。単に電力自由化で月々の電気料金を安くしたいだけではなく、太陽光発電にこだわる方は、株式会社Looopのプランがおすすめです。

基本料金0円が魅力的

電力自由化前の電気料金は、基本料金がかかるのが常識でした。電力自由化後も、基本料金がかかる電力会社がほとんどです。しかし、株式会社Looopのおうちプランとビジネスでは、基本料金がなんと0円。電気量料金は以下の通りとなっています。

・おうちプランは1kWhごと26円

・ビジネスプランは1kWhごと27円

じぶん電力プランAとじぶん電力プランBは、なんと太陽光発電セットを無料で設置するプランです。基本料金や電気量料金は通常の電気を使う場合のような値段設定となっています。雨などで太陽光発電ができない日でも電気を送ってもらうことができるので、全く問題ありません。

ご覧いただいたように東京電力エリアで電力自由化後、太陽光発電で発電された電気を購入できるのは以上の3つの会社です。特に、株式会社Looopのじぶん電力プランは、今まで環境のことを考えて太陽光発電にしたかったけれど、太陽光発電システムが高額すぎてなかなか導入できず、諦めていた方でも気軽に導入できますよね。電力自由化によって、今までよりももっと環境に配慮した生活ができそうです。

私がお届けしました!

ジャンヌ
ライター/エコなものが好き
エコじゃないものと闘う、地球に優しい女性ライター

関連する他の記事

【電力自由化ニュース】参入した業種に「ガス会社」が最も多い理由
電力自由化では、67社が新規参入を表明することになりました。中でも、新規参入した事業者の中でも最も多…
沖縄電力はクリーンエネルギーをどう考えているの?
沖縄電力のクリーンエネルギーに関する取り組みについて。世界にも注目される離島での実証実験や、太陽光…
電力自由化で逆に電気料金が高くなる可能性はある?
電力自由化が始まり各社が声高にお得感をアピールしています。でも本当に誰でも電気料金が下がるのでしょ…
実は問題点だらけ!?電力自由化のデメリットについて
電力自由化によって引き起こされる可能性のある問題点についての記事。既に自由化のなされている海外の例…