電力会社の比較方法

TOP > 新電力 > 一般のユーザーが電力会社を選ぶ場合にどのように比較すればいいか

一般のユーザーが電力会社を選ぶ場合にどのように比較すればいいか

電力自由化が2016年4月にスタートしたことによって、一般のユーザーも電力会社を自由に選ぶことができるようになりました。

しかし、電力自由化で多くの会社が電力のマーケットに参入してきています。

そのため、一般のユーザーが電力会社を選ぶ場合には、それぞれの電力会社を比較することが大切になります。

ここでは、一般のユーザーが電力会社を選ぶ場合にどのように比較すればいいかについてご紹介しましょう。

電気料金プランで電力会社を比較する

新電力の会社の電気料金プラン

電力自由化によってユーザーが最も気がかりなことは、電力代が本当に安くなるかということでしょう。

電力のマーケットに、いろいろ会社が新電力として新しく参入してきています。

合弁事業として大会社の連合体が設立した新電力の会社や、違った業種のIT会社・通信会社などが新しく参入してきています。

新電力の会社に影響されて、技術革新や価格競争が従来の電力会社の大手についても期待されています。

価格競争によって単純に電気料金が安くなるのみでなく、違った業種のいろいろなサービスとセットにすることによって、セット割があることや格安の料金をキャンペーンなどでサービスされることがあります。

それぞれの電力会社は、各分野でサービスをいろいろ提供しており、最も適した組み合わせは各家庭によって違ってくるでしょう。

従来の電力会社の大手と同じように、新電力の会社もユーザーの電気の使用状況によっていろいろな電気料金プランをサービスしています。

電力会社の大手の電気料金プラン

従来の電力会社の大手は、電気料金プランが地域ごとに違っていますが、大きく分類すると昼間に多く電気を使用する家庭向けのものと、夜間に多く電気を使用する家庭向けのものが準備されています。

電気料金プランの適切なものを選ぶのみで、大幅に月々支払う必要がある電気代を低減することもできます。

休日に電気を多く使用する家庭向けの電気料金プランも準備しており、よく外出を家族サービスのためにする家庭の場合でも、電気料金プランを選ぶことによってもっと安くすることもできます。

夜間蓄熱式の電気温水器というような機器を使用している家庭の場合には、電気を電気料金が安い夜間の時間帯に使用できるので、電気料金プランを変更するのみで月々の支出を少なくすることもできます。

電気料金プランを比較しているサイトがある

また、新電力の会社の場合には、セットで違った業種のサービスと入ることによって格安の電気料金プランを選ぶこともできます。

なお、ネットなどでは、いろいろな面からそれぞれの電力会社について電気料金プランを比較しているサイトがあるためチェックしてみましょう。

事業規模で電力会社を比較する

電力自由化で、従来の電力会社の大手だけでなく、自由に新しく参入した新電力の会社を選ぶことができるようになります。

そのまま従来の電力会社の大手を使っていくのか、あるいは新電力の会社に切り替えるかはいろいろな面から比較して選ぶことが必要です。

お得なキャンペーン・電気料金プランが適用できるところや、電気料金プランの格安なものをサービスしてくれるところを選ぶことはもちろん大切です。

しかし、新電力の会社を選ぶ場合には、事業規模も大切と言えるでしょう。

新しく参入する新電力の会社は、トップシェアを違った業種で占めている会社から、別の業種の会社連合による合弁で参入する会社、ベンチャー事業で参入する会社などいろいろな背景があります。

電力を供給することは非常に大切なインフラで、一般的に、これを担当している会社にはそれなりの事業規模と信頼性が求められます。

電力会社を選ぶ場合には、事業規模の面でそれぞれの新電力の会社を比較してみましょう。

発電方法で電力会社を比較する

何気なく私たちが普段使っている電気は、いろいろなエネルギーが発電する場合には使われています。

発電所は、石油や石炭などを使った火力発電、ダムなどを使った水力発電、最新の技術を使った原子力発電というような方法で発電しています。

さらに、近年はバイオマスを使った火力発電や自然エネルギーの太陽光発電・風力発電・地熱発電などが着目されています。

電力自由化によって新しく参入した新電力の会社は、違った業種から参入するので、いろいろな特徴がある会社が多くあります。

特徴が発電方法にもあり、地球環境に気配りした自然エネルギーを主に使う多くの新電力の会社も参入しています。

電力会社を選ぶ場合には、個人によって基準が違ってきます。

そのため、電気料金が安いという理由だけで電力会社を選ぶ以外にも、さまざまな信念や考え方で選ぶ人も多くいます。

東日本大震災や原子力発電所の事故を体験しているため、エネルギーをサービスする電力会社については、選ぶ場合に慎重になってきている人が多くなってきています。

ネットなどでは、特徴あるいろいろな発電方法で電力会社を比較しているサイトがあります。

発電方法で電力会社を比較する場合には、このようなサイトを参考にするといいでしょう。

私がお届けしました!

ユウ
専属ライター/メカに萌えます
こう見えて趣味はスノーボード。
好きな家電→iPhoneは家電に入りますか?

関連する他の記事

電力自由化で選んだ新電力会社、安全性は大丈夫?
話題の電力自由化。電力会社を自分で選べるようになりました。新電力会社の安全性について紹介しています。
電力自由化で登場した新電力をセミナーで学ぼう
電力自由化でよく耳にするようになった「新電力」というキーワード。まだあまりよくわからない人も多いと…
電力自由化最新ニュース!新規参入・キャンペーン中の新電力会社紹介
電力自由化が始まり現在では新電力会社は300を超えました。今回のニュース記事では新たに参入した電力会…
電力自由化後、オール電化で得するのは九州エリア?!
オール電化向けのプランでは、断トツにお得な九州電力エリアについて解説していきます。九州電力はもちろ…