東北電力の地域で一人暮らしの人の電気料金を計算、比較してみた

TOP > 電気料金 > 【東北電力エリア】一人暮らしの電気料金を計算、比較してみた

【東北電力エリア】一人暮らしの電気料金を計算、比較してみた

電卓とパソコンと女性
電力自由化によって、様々な電力会社に乗り換えることが可能になりました。今回は、東北電力エリアに住む一人暮らしの方の電気料金プランを計算し、比較してみました。おすすめの電力会社を節約額が多い順でご紹介していきます。

今回の電気料金比較のための条件

まず、今回の電力会社の料金プランを比較する上での条件をまとめてみます。

・東北電力エリア在住

・4月の電気料金は6,000円(30A契約)

・平日の日中は外出している場合が多い

・休日もほとんど家に居ない

・従量電灯B(標準プラン)

この条件で計算すると、現在の電気代は、

・1年間で81,438円

・電気使用量は3,231kWh

となりました。これらの条件でシミュレーターにかけて計算し、他の電力会社と比較してみました。実質節約額だけでみると以下の電力会社のプランがお得でした。

1,東北電力(よりそう+ナイト&ホリデー)

東北電力エリアの一人暮らしで、最も電気料金を節約できるのは東北電力という意外な結果になりました。東北電力エリアで一人暮らししている方は、東北電力の料金プランを見直してみましょう。従量電灯Bからよりそう+ナイト&ホリデーに変更した場合、1年間で11%も節約できる可能性があります。上記の条件でシミュレーターにかけて計算してみたところ、以下の様な電気料金となりました。

・1年間の電気料金は72,757円

・1年間で8,680円節約

・1年間で11%の節約

夜間と休日の料金が安い!

東北電力のよりそう+ナイト&ホリデーでは、夜間と休日の電気料金が安く設定されています。平日22時〜翌朝8時までの夜間料金と、平日は15.59円と格安。夜間や昼間にまとめて家事をする一人暮らしの方に向いているプランです。昼間の料金は、140kWhを超えると1kWhあたり38.62円かかるので注意が必要です。契約が完了したら、平日の昼間に電気を使い過ぎないように注意して家事を行いましょう。30Aの基本料金は972円となります。

2,HTBエナジー (たのしいでんき 東北なまはげプラン 従量電灯B5)

東北電力のよりそう+ナイト&ホリデーと違い、HTBエナジーのたのしいでんき 東北なまはげプラン 従量電灯B5は24時間の電気料金が同一となっています。一人暮らしはもちろん、あまり電気を使わない家庭にも向いています。上記の条件でシミュレーターにかけて計算してみたところ、以下の様な結果となりました。

・1年間の電気料金は77,298円

・1年間で4,139円節約

・1年間で5.1%の節約

最初の120kWhまではお得!

たのしいでんき 東北なまはげプラン 従量電灯B5では、最初の120kWhまでは電気量料金が1kWhあたり17.33円と非常にお得になっています。120kWh〜300kWhまでは23.63円、300kWh以上になる場合は27.32円と高額になります。HTBシナジーは旅行代理店のHISと提携しているため、HISの店舗で申し込みができたり、相談することができるので、気になる方はHISの店舗に直接出向いてみるのもおすすめします。30Aの基本料金は923円となり、東北電力のよりそう+ナイト&ホリデープランよりも少しだけお得となっています。

3,eコトでんき!(e コトでんき!B プラン W)

eコトでんき!のe コトでんき!B プラン Wでは、24時間の電気量料金が同一となっています。1年未満の契約解除の場合、手数料として3,000円かかるので注意しましょう。ただし、2016年12月末までに契約する場合は解約手数料がかからないので、検討している方は早めに申し込みをしましょう。上記の条件でシミュレーターにかけて計算してみたところ、以下の様な電気料金となりました。

・1年間の電気料金は77,381円

・1年間で4,056円節約

・1年間で5.0%の節約

ガスと電気料金の支払いでTポイントが貯まる

eコトでんき!のe コトでんき!B プラン Wでは、伊藤忠エネクスホームライフ東北もしくは媒介代理店とガスを契約することで、ガスとのセット割引が適用されます。ガスと電気料金の支払いで、Tポイントが貰えます。Tポイントは、200円ごとに1ポイントなのでガスと電気代を合わせると結構貯まりそうですね。。2016年12月末までに契約すると、1,000ポイントのTポイントもしくはおそうじ・お洗濯グッズが貰えます。先ほど説明した解約手数料が無料になる特典もあるので、eコトでんき!と契約する場合はなるべく早く検討しましょう。30Aの基本料金は972円となっており、東北電力のよりそう+ナイト&ホリデーと同じ料金となっています。

結論を申しますと東北電力の一人暮らしの方の場合、上記のような条件で計算したところ、最もお得になるプランは東北電力のよりそう+ナイト&ホリデーというプランです。1年間で10%以上もお得になるプランはそうそうありません。現在、東北電力エリアに一人暮らしをしていて、従量電灯Bのプランで契約している方は、是非この機会にシミュレーターであらためて計算してみてください。

私がお届けしました!

ジャンヌ
ライター/エコなものが好き
エコじゃないものと闘う、地球に優しい女性ライター

関連する他の記事

電力自由化で売電先を新電力に変更するとどうなる?
電力自由化に伴い、売電先も地域の電力会社以外からも選べることが可能になりました。売電先を新電力に変…
心配いらず!電力自由化以降も電気が安定供給される理由
2016年から実施された電力自由化。そこで不安になるのが、「今まで通り電力は安定供給されるの?」という…
【電力自由化ニュース】楽天株式会社が「まちでんきの駆けつけサービス」を開始
楽天株式会社が運営する電気小売「まちでんき」が、東京電力パワーグリッドと提携し、「まちでんきの駆け…
電力自由化したけど電気料金の比較ってした?
電力自由化で電気を買う会社が選べるようにはなりましたが、そこで実際に電気料金を比較した人ってどのく…