電力自由化で注目!クリーンエネルギーを作る発電所の電気が安いのは?

TOP > 新電力 > 【電力自由化】クリーンエネルギーを作る発電所の電気が安い理由

【電力自由化】クリーンエネルギーを作る発電所の電気が安い理由

地球にクリーンでエコ
電力自由化に伴い、今までよりも安い値段で契約できる新電力が増えてきました。電力自由化では、単に安い料金プランで選ぶだけでなく、発電方法にこだわっている会社とも契約できるようになりました。太陽光発電や風力発電やバイオマス発電など、クリーンエネルギーを作る発電所を稼働させている新電力の電気料金が安い理由について解説していきます。

再生可能エネルギーとは?

再生可能エネルギーとは、石油や石炭を使わず、環境に優しい発電方法によってできたエネルギーのことです。再生可能エネルギーの発電方法には、以下の様な種類があります。

・太陽光発電

・風力発電

・バイオマス発電(燃やしてもCO2の出ない資源を使って発電する方法)

・水力発電

・地熱発電

再生可能エネルギーとは、石油や石炭のように、限りあるエネルギーを使うのではなく、一度使っても短期間に再生ができるエネルギーのことを指します。太陽の光や風邪は、利用したからといって資源は枯渇しませんよね。これらを利用したエネルギーは、今後さらに普及していくと言われています。

再生可能エネルギーといえば高いコスト

しかし、これらの再生可能エネルギーといえば、皆さんも御存知の通り、発電には高いコストがかかります。電力自由化によって、様々な新電力と契約することが可能になりましたが、中には再生可能エネルギーを使用している場合でも、リーズナブルな契約プランがあります。何故、電力自由化後、新電力は再生可能エネルギーを低コストで提供できるようになったのでしょうか?

新電力の再生可能エネルギーが安い理由

新電力の再生可能エネルギーが安い理由は、公的機関からの交付金があるためです。上記のような再生可能エネルギーの発電所で作られた電気を調達する場合、交付金のおかげで低価格で仕入れることが可能になっています。また、電力会社以外にも、様々な発電事業者から電気を購入しているため、電気料金を安くすることができるのです。さらに、新電力は様々な設備投資や人件費などのコストも削減することができます。

新電力は発電所を持たなくても良い

また、新電力は、全ての電気を調達するために、発電所を持つ必要はありません。たとえば、既に太陽光発電をしている事業者や、バイオマス発電所を所有している事業者から再生可能エネルギーを仕入れて販売するだけでもOKなのです。もちろん、発電所を独自に持っている新電力もあります。しかし、発電所を持っていない新電力の場合、既に発電所を持っている発電事業者から電気を仕入れるので、発電所を作ったり、維持するためのコストを削減することができます。

新電力は送電設備などのコストもかからない

また、新電力は送電設備などのコストもかかりません。今までの地域の電力会社は、発電所を作り、維持・管理するコストだけでなく、送電設備の維持・管理するコストもかかっていました。しかし、送電所や送電網など、送電設備のための維持・管理コストは新電力にはかかりません。そのため、電力自由化によって安い料金プランを提案することができるのです。

人件費などの固定費を削減

上記のように、新電力は電力を調達するために、必ずしも新しく自社の発電所を作る必要はありません。そのため、発電所を作るための費用や、発電所を管理するための人件費を抱えることもありません。また、独自の管理方法で人件費を削減している場合もあるでしょう。電力自由化により、それぞれの会社が余計なコストを削減し、より質の高いサービスを実現できるように工夫しています。

私達のもとに電気が届くまで

私達のもとに電気が届くまで、電気には以下の様なルートがあります。

1,発電事業者(太陽光エネルギーなどの発電所を所有して電気を発電)

2,新電力(発電事業者から電力を購入。新電力は公的機関から交付金を貰える)

3,送電線を通る(送電設備は地域の電力会社のもの)

4,消費者

このように、新電力は販売に注力する会社です。絞っているからこそ余計なコストがかからず、クリーンエネルギーであっても低価格で提供することができるのです。

おすすめのクリーンエネルギーを販売している会社

おすすめのクリーンエネルギーを販売している会社は以下の通りです。あなたのライフスタイルに適していて、お得に利用できるプランを探してみましょう。

・ソフトバンクでんき

・ミツウロコグリーンエネルギー

・イーレックス

・HTBエナジー(HIS)

いかがでしたでしょうか?電力自由化によって、太陽光発電や水力発電などのクリーンエネルギーで作られた電気も安く購入することができるようになりました。地球の未来のことを考えるなら、できるだけ環境に負担をかけない発電所で作られた電気を選びたいですよね。電力自由化で、新しい契約先を探している方は、月々の電気料金に注目することはもちろん、どのような発電方法で作られている電気なのかも注目して契約先を探してみましょう。

私がお届けしました!

ジャンヌ
ライター/エコなものが好き
エコじゃないものと闘う、地球に優しい女性ライター

関連する他の記事

電力自由化って何?
2016年4月から、いよいよ電力自由化が始まった。しかし、実は「電力自由化って何?」と思っている人も多…
北海道電力のクリーンエネルギーへの取り組みとは?
多くの電力会社がクリーンエネルギーでの発電に取り組んでいます。北海道電力でのクリーンエネルギーの取…
電力自由化スタート!各社のおもしろいプランをご紹介
電力自由化による、個性的でおもしろいプランを厳選して紹介。タニタ×イーレックス、じぶん電力、HTBエ…
電力自由化は誰のためなのか?デメリットもきちんと把握しよう
現在実施されている電力自由化は、果たして消費者のためになっているのでしょうか。電気料金は確かに下が…