手軽に取り入れたい、おすすめ節電グッズ【夏編・冬編】

TOP > 節電 > 手軽に取り入れたい、おすすめ節電グッズ【夏編・冬編】

手軽に取り入れたい、おすすめ節電グッズ【夏編・冬編】

電気とコンセント
節電する方法にはいろいろありますが、節電グッズを使うのもそのひとつ。節電グッズを有効活用することで、消費電力を抑え、節電対策をお手軽かつ快適に出来ます。でも節電グッズって世の中に溢れていて何が必要かわからない。そんな方に向けて基本編と夏・冬に分けてご紹介しましょう。

節電グッズ・基本編

節電グッズには、待機電力を抑えるものから、電気を使わないようにするグッズまでさまざまなタイプの商品があります。年間を通して家庭で使えるグッズをまとめました。

■ワットチェッカー

節電するには、まず現在の電力使用量がどれぐらいなのかを知らなければなりません。ワットチェッカーを使えばリアルタイムの消費電力や、積算電力量などが一目でわかります。電気代を可視化すると電力消費量の多い家電が具体的にわかり、節電への意識を高めることができます。

■節電タップ

家電製品は、使っていない間にも待機電力を消費しています。4人暮らしの家庭の場合、年間の電気使用量のうち7%は待機電力とも言われ、金額にすると約1万円にもなります。

待機電力の消費を防ぐには、コンセントからプラグを外す必要があります。しかし、家じゅうの家電のコンセントを毎回抜くのは面倒ですよね。

おすすめなのは節電タップを使う方法です。製品ごとにスイッチのオン・オフをワンタッチで切り替えることが出来るので簡単ですね。さらにオンにしているとランプがつくタイプなら、オンオフが一目でわかって気づきやすいので利便性が高いです。使わないときにはこまめにオフにするようにしましょう。

■ソーラーチャージャー(充電器)

スマートフォンやタブレット端末が普及した現在、注目されているのがソーラーチャージャーです。これは太陽の光で発電し、その電気を使って充電するというもの。安いものでは1000円以下で手に入れることができ、キャンプやお出かけにも手軽に持ち運べます。家に置いたまま使う大きめのタイプでも5~6千円程度で、太陽が出ている限り繰り返し使えるので経済的です。

■充電池

今や定番となった節電グッズです。充電池は4本充電しても電気代はわずか1円で、一度買えば2000回も繰り返し使うことができます。

通常の使い捨て電池は4本100~200円程度で買えるところ、充電池は4本+充電器で2300円ほどの初期投資がかかります。しかし計算上、充電池を4回使えば使い捨て電池よりもコストが安くなります。

■サーキュレーター

夏・冬ともに活躍するのがサーキュレーター(送風機)です。扇風機は直接当たって涼むためのものですが、サーキュレーターは風を送ることで部屋の空気を循環させるために使います。そのため扇風機に比べるとより遠く、より広範囲に風を送ることができます。

冷房や暖房が当たる場所にサーキュレーターを置くだけで、効率よく空気を循環させ、部屋全体の温度を調整する効果があるのです。これによって、冷房や暖房の使用量も最低限に抑えることができます。

■LEDライト

消費電力が少なく、寿命が長いことで注目されているLEDライト。値段の高さから、長い間一般家庭にはなかなか普及しませんでした。現在は一般電球形のLED電球が1000円程度から購入できるようになっており、切れた電球から順次LED電球に買い換えるだけでも節電効果が見込めます。

節電グッズ・夏におすすめ

環境庁が推奨する冷房の設定温度は28℃で、26~7℃設定時よりも1000円から2000円ほど安くなります。エアコン冷房だけに頼ってしまうと、電気代は上がる一方。 節電グッズを上手に組み合わせて、体感温度を下げる工夫をしつつ電気代も下げちゃいましょう。

■すだれ

昔ながらの暑さ対策のすだれ。窓際に設置するだけで陽射しを防ぎ、部屋の温度を上がりにくくします。それでいて適度に風を通してくれるため、日中だけエアコンを使い、夕方からは窓を開けて涼しい風を入れるようにするなど使い分けるといいでしょう。霧吹きで水をかけるとさらに涼しさが得られます。

■冷感グッズ

真夏の暑い夜は寝られないのも困りますが、冷房をつけっぱなしで寝るのも電気代が心配ですよね。 まくらカバーや敷き布団パッド、タオルケットなど、触るとひんやりする冷感・涼感グッズがたくさん出ています。体感温度が下がるだけで寝つきが良くなることもありその効果はバカにできません。

■冷蔵庫カーテン

夏場に冷蔵庫をしょっちゅう開け閉めすると、冷蔵庫内の温度が上がりやすく電気を消費してしまいます。これを防ぐのが冷蔵庫カーテンです。ビニール製で透明タイプなら、中のものが見えるので扉をあけている時間を抑えることができます。また中身を詰め過ぎない、熱いものは冷ましてから入れるなどを心がけるだけでも温度の上昇を防ぎ節電になります。

節電グッズ・冬におすすめ

冬の電気代は夏に比べて高くなりがち。部屋全体を暖めようとすると時間もかかり電気の消費量も大きくなってしまいます。部分的に暖めたり、断熱・保温を徹底することで節電につなげましょう。

■湯たんぽ

電気を使わずに暖められる定番グッズです。ご家庭に必ずひとつはあるのではないでしょうか。寝る前に布団に入れておくだけで、暖房を消しても暖かさを保ったまま眠りにつくことができます。最近はやわらかい素材や、かわいい湯たんぽカバーもたくさん販売されており、若い人にも見直されてきている節電グッズです。

■断熱・保温シート

窓に貼るタイプの断熱シートを使えば外からの冷気を防ぎ、暖かい空気を室内に保つことが出来ます。窓用ではかわいい柄入りのものも多数販売されており、気分転換にもなります。ホットカーペットやこたつ用カーペットの下に保温シートを敷いても保温効果があがるのでオススメ。

■エコカイロ

充電して繰り返し使えるタイプの、スタイリッシュなエコカイロが人気です。パソコンのUSBなどで3~5時間ほど充電すれば、3~7時間ほど効果が持続します。スイッチのオン・オフもカンタンで、仕事中に充電しておけば仕事帰りには暖かい状態で使うことができます。

節電グッズを上手に取り入れよう

ふだん何気なく使っているグッズから、節電のための最新グッズまでさまざまなタイプの商品をご紹介しました。節電は小さな積み重ねが長い目で見ると大きな効果を発揮します。節電グッズを取り入れることで無理なく、効率よく節電に取り組んでみましょう。

私がお届けしました!

わかな
ライター/節電・節約大好き
半ば節電・節約が趣味の女性ライターです。「お家の電気」の話が得意です。

関連する他の記事

夏の電気代!消費電力が大きい家電で節電しよう
家電の中で、一番電気代が高いものは何か、またどうすれば節電できるかについて調べました。あなたのお宅…
NTTスマイルエナジーの太陽光発電電力プラン「太陽のでんき」
電力自由化に伴い、今までよりも発電の方法に気を配る人も増えているのではないでしょうか。そんななかで…
原発の廃炉負担は誰がする?新電力にしたらどうなる??
原発の廃炉問題って何?廃炉費用は消費者が電気料金で支払う?新電力に切り替えたらどうなるの?そんな疑…
電力自由化によって電気料金の計算の仕方が大きく変わります!
電力自由化により独占史上だった電力販売は多種多様化に変化します。新たなサービスの向上や値下がりなど…