電力自由化で月々の出費を節約!賃貸マンションで契約するときのポイント

TOP > 電力自由化 > 賃貸でも電力自由化で月々の出費を節約!契約するときのチェック事項

賃貸でも電力自由化で月々の出費を節約!契約するときのチェック事項

電力自由化する家族
電力自由化によって、マンションやアパートなど賃貸の方でも自由にサービス会社を選べるようになりました。しかし、場合によっては自由に選べない場合もあります。賃貸の場合、電力会社を変更する場合にどのようなことをチェックしたら良いのでしょうか?

1,マンションは高圧一括受電契約かどうかを確認する

賃貸マンションの電力の契約は、基本的に以下の2種類の契約方法に分かれています。

・個別契約

・高圧一括受電

個別契約の場合、マンションの住民が部屋ごとにそれぞれ電力会社と契約しています。そのため、電力自由化が開始された2016年4月から、自由に新しい電力のサービス会社を選ぶことができます。しかし、高圧一括受電の場合は注意が必要です。

高圧一括受電とは?

高圧一括受電とは、賃貸マンション側が高圧の電力を契約しており、そのため各家庭の料金を安くできるというメリットがあります。しかし、マンションが高圧一括受電で契約している場合、電力自由化が実施されたからといって各家庭で自由に電力会社を変えることができません。マンションによっては電気料金のプランを選べることもあるので、まずは高圧一括受電かどうか、管理組合などでで確認してみましょう。また、契約している名義人が他人になっている場合は、その人に確認する必要があります。勝手に電力会社を替えることはできません。

2,現在のプランの見直しをする

場合によっては、電力自由化によって電力会社を変更することで、逆に料金が高くなるケースもあります。特に、賃貸一人暮らしの方は、電力会社を変えても数百円しか安くならないということもあります。電力会社を変更しなくても、現在のプランの見直しによってぐっと日々の電気代を節約することが可能になる場合もあります。例えば、東京電力の場合は電力自由化をきっかけに、新しい料金プランが始まっています。料金プランを見直すだけでもかなりの節約が見込める可能性があります。電力自由化によって新しいサービス会社と契約して、すぐに解約すると解約金が発生する場合もあり、逆に損してしまった…といった事態にならないように注意しましょう。

昼間あまり家に人がいない場合は「夜間割引」を使う!

賃貸の場合も持ち家の場合も、夜間割引で電気代がお得になる可能性があります。例えば、東京電力の「夜トクプラン」を利用すれば、夜間の電気代使用料が高くなるほどお得になります。昼間、仕事や学校などであまり家に人がない場合は夜間割引のあるプランにした方がお得になります。

3,単に「割引」だけを見ない!

電力自由化によって、サービスを提供する各社は、単に安い電気を提供するだけではなくなりました。例えば、新しいサービス会社の「auでんき」と提供すれば、各月の電気料金の最大で5%分がau WALLETプリペイドカードに電子マネーとしてチャージされます。携帯電話をauと契約している方は、毎月電子マネーがキャッシュバックされるのでお得に。特に、賃貸一人暮らしの方は、単純に電気代の割引分だけ見てみるとあまり電力自由化の恩恵を受けられていないと感じる可能性がありますが、各種セット割引やサービスを検討してみると、月々の固定費を削減できます。

長期利用でお得に利用できる会社も

例えば、ENEOSでんきの場合、2年以上の利用で電気代がぐっと割引されるようになります。1〜2年の利用では1kWあたり0.20円の割引だったのが、3年目以上は1kWあたり0.30円の割引になります。賃貸の場合、引っ越しと同時に電力会社を解約しなければなりません。そのため、賃貸ですぐに引っ越しをする予定の方にはこのサービスはおすすめできませんが、2年以上賃貸で同じ場所に住む場合や持ち家の方にはおすすめのサービスです。

4,プランを比較したら、変更したい電気会社へ申し込みをする

各社の料金プランを比較したら、まずは変更したい電気会社へ申し込みをしましょう。今までの電力会社に解約を連絡する必要はありません。電力自由化で電力会社を変更したいけど、連絡と申し込みをしなければならないので面倒だと思っていた方は大きな間違いです。新しい電力会社に連絡するだけなので手続きはとても簡単なのです。

スマートメーターを取り付ける

マンションやアパートで電力会社を変更する場合、スマートメーターを取り付ける必要があります。スマートメーターは電力会社側が負担するので基本的に費用はかからず利用できます。

電力自由化によって電気代を安くできるということは知っていても、「賃貸の場合は無理でしょ」と最初から諦めてしまっている方はいませんか?実は、マンションが高圧一括受電をしていない場合は各家庭で自由に電力会社を選べるのです。アパートの場合も同様に、自由に選べます。まずは料金プランだけでなく、割引率やサービス内容などを比べてじっくり吟味しましょう。変更したい電気会社が決まったら、その電気会社に申し込みをするだけです。

私がお届けしました!

ジャンヌ
ライター/エコなものが好き
エコじゃないものと闘う、地球に優しい女性ライター

関連する他の記事

電気代への影響は?電力自由化によるメリットとデメリット
電力自由化によって得られるメリットとデメリットについて具体的に紹介。両方を踏まえた上での正しい選び…
電力自由化後にお得なオール電化プラン【東京電力地域】
電力自由化後、地域のオール電化プランは料金プランが変更になりました。東京電力地域のオール電化の家庭…
賃貸マンションでも電力自由化で乗り換えできるの?
電力自由化でよく聞かれる、賃貸アパート・マンションでも電力会社の乗り換えはできるのかについて。マン…
電気料金にかかる税金の種類とは?
電気料金には、どのような税金がかかっているのでしょうか?直接的に徴収されているものから、私たちが知…