電力自由化に伴い、電気自動車も運用しやすくなるかも。

TOP > 電ニューコラム > 電力自由化で激安の可能性?電気自動車のすすめ!

電力自由化で激安の可能性?電気自動車のすすめ!

2016年4月から電力自由化がはじまり、自分好みの費用やセット内容から電力会社を選べる事は、すでにみなさんご存知のニュースだと思います。

インターネット携帯料金ガスのようなサービスがセット割を発表しており
これを機に電力会社の乗り換えを考えているみなさんは頭を悩ませている最中かもしれませんが「電気自動車」の購入も検討してみませんか?

そもそも電気自動車とは?

電気自動車には大きく分けて二種類あります。

EV車(電気自動車)PHEV車(プラグインハイブリッド車)があり
ガソリンエンジンを使わず、モーターとバッテリーのみで走るのがEV車、ガソリンエンジンとモーター、バッテリーを使い分けるのがPHEV車です。

現在普及しているEV・PHEV車は、集合住宅における充電機器設置が難しく、集合住宅で運用する場合は近くの充電ステーションを利用するのが一般的です。

充電ステーションには有料無料(公共のステーションに多い)の二種類があり、値段はバラバラで一概には言えないのですが、ガソリンより安いものの、月額で2500円~3000円が相場のようです。(月額プランがあるステーションもあります)

そこまで高くはないですが、ランニングコストとしては結構かかってしまうような気がします。

電力自由化×EV・PHEV車で車も節約を!

しかし、電力自由化に伴い、充電料金が安くなる可能性もありますし、自宅に充電機器を置いている方は、電力会社の選び方次第で今よりも安く自動車の運用ができるかもしれません!

環境への影響も少なく、今後ますます普及していくと思われる電気自動車電力自由化が始まるこの機会に「乗り換え」を考えてみませんか?

私がお届けしました!

チャーリーブラック
専属ライター/新電力がアツいです
寒がりで普段から着こみ癖があります。
冬は電気代を抑えるのに必死です。
好きな家電→ 加湿器と15年以上使っているDENONのコンポ

関連する他の記事

新電力では、大手電力会社につられての値上げはあり得る?
新電力は地域の大手電力会社よりも電気料金は安く設定されていますが、大手電力会社が値上げをしたら、同…
電力自由化後【関西電力地域】のオール電化向けプラン
電力自由化によって、東京電力エリアと同じように、関西電力エリアのオール電化プランは料金プランが変更…
電力自由化後、北海道電力のエリアで料金が安い新電力
電力自由化によって、北海道電力のエリアではどこの新電力の料金が安いのでしょうか?それぞれの新電力の…
こんな時どうする?電力自由化における問題点やトラブルの事例
電力自由化施行後に発覚したトラブルや問題点について紹介する。東電のシステム不具合や、電気料金値上が…