電気代を節約できるおすすめのテレビと電力自由化後のプラン

TOP > 電力自由化 > 電気代を節約できるおすすめのテレビと電力自由化後のプラン

電気代を節約できるおすすめのテレビと電力自由化後のプラン

テレビの電気代を節約するためには、まずは製品選びから始めましょう。

製品ごとに電気代は異なるため、できるだけ安く、できるだけ高品質なテレビを見つけていきましょう。

また、電気代を安くするためのポイントは、他にもあります。それは電力自由化を有効に使うことです。

電力自由化後に出てきた様々な電気料金プランをしっかりと選べば、簡単に節約することが可能です。

これからおすすめのテレビと電力自由化後の料金プランをご紹介していきます。

テレビの電気代の仕組み

テレビの電気代はどうなっているのでしょうか?

テレビを毎日見る方も多いかと思います。日々の生活で活躍してくれる家電だからこそ、節約できたら良いですよね。

電気代を節約するためには、テレビの電気代の仕組みを知ることが大切です。

これから仕組みを見ていきましょう。

テレビの電気代の仕組み

テレビの電気代は、テレビの製品ごとに異なる年間消費電力量と料金プランごとの電力量料金単価によって決まります。

そのため、年間消費電力量が少なく、単価が安いものプランを契約すると、電気代を節約できると言えます。

テレビの年間消費電力量が約200kWhで、料金単価が約20円だとすると、テレビの電気代は年間で約2,000円ということになります。

意外に安いと思われた方もいるのではないでしょうか?

言わずもがなですが電気代がいくら安いからと言って、使い続ければその分高くなるので、意味がありません。

高い意識を持って節約に臨むのであれば、年間消費電力量の少ない製品を選びつつ、電力自由化後に展開された安いプランを選びましょう。

電気代節約に向けたおすすめのテレビ

電気代を節約するのに最適なテレビをいくつか選んでみました。テレビを選ぶポイントは年間消費電力量です。

シャープ アクオス

シャープのアクオス32V型の年間消費電力量は、約40kWhです。

電力量料金単価を約20円とすると、年間の電気代は約800円です。

非常に安いですね。

一般的に液晶ディスプレイの大きさが大きくなるほど、年間の消費電力量は多くなります。

アクオスはセーブモードという省エネのための機能が備わっており、画面の明るさを抑えることで消費電力を減らすことができます。

より電気代を低くできるでしょう。

部屋の照明が消えると、テレビの電源が消える照明オフ連動機能や一定時間操作していないと勝手に電源が消える無操作電源オフ機能など、無駄な電力を使わないような設計になっているのもポイントです。

日立 Wooo

日立のWoooは年間消費電力量が、32V型で約60kWhです。年間の電気代は、料金単価を約20円として計算すると、約1,200円になります。

比較的安いですね。

Woooの特徴は、その安さのみならず、高画質さにあります。

奥行きのあるコントラストや明瞭なディテール、自然な色彩表現などにより、美しく臨場感のある映像を映し出すことを可能にしました。

また、テレビの素材にも拘っており、環境負荷の小さい素材を使用しています。

電力自由化後には様々な企業が環境問題への関心を高めそれに合わせた料金プランの提供を始めましたが、テレビ選びからも環境に配慮した製品を選ぶことが可能です。

テレビの使用に応じた電気料金プラン

電力自由化後に発表された各企業の電気料金プランの中で、どのプランを契約すれば良いか、迷うかもしれません。

そんな時の基準は、ずばりテレビの使用時間帯です。

テレビの使用に応じたプランを契約していきましょう。

テレビの使用時間帯による

テレビの使用時間帯により、おすすめの電気料金プランは2つに分かれます。

1つは日中の電気料金が安いプランです。日中多くテレビを見る方は、日中をお得な単価で過ごすことができた方が良いでしょう。

また、夜間によくテレビを見る方は、夜間の電気料金が安いプランを契約すると、電気料金が節約できます。一人ひとり生活リズムはあるかと思いますが、自分に合ったプランを見つけられると良いですね。

待機電力は勿体無い

テレビにはつけていない間も待機電力が発生しています。

待機電力は電源をつけているときの消費電力に比べれば小さいですが、それでも消費電力がかかっていることには変わりません。

待機電力を無駄に発生させないためにも、外出時はコンセントを抜いて出かけるなどして対応しましょう。

地道な努力が節約を呼びます。

最後に

電力自由化による電気料金プランの多様化のおかげで、様々な電気料金プランを選べるようになりました。

多くのプランの中で自分の生活習慣に合わせたプランを選べると節約に繋げること可能性が上がります。

また、テレビには製品ごとに年間の消費電力量が違うことがわかりました。

年間消費電力量を抑えたものを買うと、電気代を安くすることができます。

電力自由化後のプランと製品選びを成功させて、電気代の節約を導きましょう。

さらに、自らこまめに電源を消したり、外出時はコンセントを抜いたりして、地道な努力を重ねることも時には重要になってきます。

私がお届けしました!

専属ライター/実は機械音痴
「ライターたるものPCと仲良く出来ずにどうする!」と自分に言い聞かせながら仕事しています。
好きな家電→トースター

関連する他の記事

主婦向け電気料金比較サイト「エネハピ」リリース
主婦層に向けたスマートフォンサイト「エネハピ」がリリースされました。「ざっくり」や「まぁまぁきっち…
新電力になってからの燃料調整費って?!その算出方法は?
新電力の参入が進んでいる中、燃料調整費とはいったいなんなのか、どのように算出し、どこでそれをチェッ…
誰でも簡単!タイマーを使った賢い節電方法
節電をする上で非常に便利なタイマー。今回は節電に便利なアイテムのコンセントタイマーや、タイマーを使…
第3回:サービスはどう変わる?電力自由化の全容を解説【全5回】
全5回連載の第3回目です!電力自由化について、電気料金のことから環境問題に至るまで、さまざまな視点か…