電力自由化による切り替えのメリット

TOP > 電力自由化 > 電力自由化で新電力会社に切り替えした場合のメリット

電力自由化で新電力会社に切り替えした場合のメリット

電力自由化に伴って、新電力の会社が電力業界に多く参入してきています。

ここでは、電力自由化で新しく電力業界に参入した新電力の会社はどのようなものか、新電力の会社に切り替えした場合にどのようなメリットがあるかについて見ていきましょう。

新電力の会社に切り替えしようか検討している場合には、ぜひ参考にしましょう。

電力自由化でどのような新電力の会社が選べるか?

では、新電力の会社とはどのようなものでしょうか?

最近、新電力の会社ということをよく耳にするようになってのではないでしょうか。

ニュース、ネット、テレビ、雑誌などをメインに報道されています。

電力自由化になる前は、一般家庭の場合は、電気は、例えば、東京の近くに住んでいる場合には東京電力から供給されていました。

同様に、関西に住んでいる場合には関西電力、北海道に住んでいる場合には北海道電力から電気は供給されていました。

それぞれの地域にある電力会社の大手が、電気を一般家庭に供給していました。

電力自由化になる前は、地域にある電力会社の大手が電気を独占しているような状況でした。

しかし、電力自由化によって電気を誰でも供給できるようになりました。

新電力の会社は、従来の電力会社の大手に替わって、電気を新しく供給してくれるようになります。

新電力の会社に切り替えるとどのようなメリットがあるか?

従来の電力会社の大手から新電力の会社に切り替えた場合にはどのようになるのでしょうか?

大口のユーザーについては新電力の会社が2005年から電気を供給している

実は、新電力の会社から電気を供給するのは電力自由化になる前から始まっていました。

工場、学校、企業などの大口のユーザーについては、新電力の会社が2005年から電気を供給しています。

外国においても、新電力の会社が一般家庭に電気を小売りして成功しています。

日本においても、一般家庭に対して2016年4月から電力自由化がスタートしました。

電力自由化によって、新電力の会社が電力のマーケットに非常に多く参入してきています。

新電力の会社に切り替えした場合にはどのようなメリットがあるか?

基本的に、サービス面から見ると、電力会社の大手のみが独占しているような状況は必ずしもいいとは言えません。

競争する相手がいないため、技術革新や新しいサービスの必要がないためです。

普段、私たちは電気を何気なく使用していますが、同じ電気を何十年も使用しているでしょう。

値上がりは少しありますが、大幅に値下がりしたようなことはないでしょう。

このような環境を変更するために、新しい電力会社を参入させることによって競争をさせて、サービスがよりよく、安心で安全の電気を安く供給するということが新電力の会社の目的です。

ここでは、新電力の会社の切り替えた場合のメリットについて見ていきましょう。

電気料金が安くなる

使用方法によって違ってきますが、新電力の会社に切り替えると基本的に電気料金は安くなります。

電力自由化がすでにスタートしている工場・企業・学校などの場合には、電気料金が1%~8%程度安くなっているようです。

電気料金が数千万円も年間に安くなったというようなケースも場合によってはあるそうです。

環境に優しい社会に貢献できる

新電力の会社の発電方式は、いろいろあります。

従来の電力会社の大手の発電方式は、火力発電、原子力発電がメインです。

火力発電の場合は枯渇燃料を使用し、原子力発電の場合はリスクがあります。

しかし、新電力の会社の場合には、太陽光発電、風力発電、バイオマス発電など、クリーンな二酸化炭素を出さないエネルギーを使用することができるようになります。

地元が活性化する

火力発電などの大量発電というようなシステムは、崩壊されつつあります。

将来的な電気は、必要なだけ必要な分を発電しようということになるでしょう。

つまり、地元で必要な電気は、地元で発電して使用しようというものです。

このような電気の地産地消によって、地元が活性化して、環境に優しい社会を創ることができます。

新電力の会社はメリットのみでなくデメリットもある

新電力の会社は多くのメリットがあり、それほどデメリットはありませんが、いくつかのデメリットは考慮したほうが良いでしょう。

供給している地域以外では使用できない

新電力の会社が電気を供給している地域は、関東、関西がメインであり、地方の場合は対象になっていない状況です。

しかし、最終的には全国に拡大する可能性があるため、デメリットとは必ずしも言えないでしょう。

新電力の会社の場合には倒産のリスクがある

電気を供給する会社は、普通の会社であるため倒産のリスクがあります。

しかし、従来の電力会社の大手の送電線を使用しており、電気が停まるようなことはありません。

というのは、万一の場合には、電力会社の大手が電気を供給する義務があるためです。

新電力の会社へ切り替える場合には時間がある程度かかる

新電力の会社に切り替える場合には、電力自由化が開始された現時点では約2ヶ月程度かかるとされています。

しかし、電力自由化が落ち着いてくればもっと早く切り替えができるでしょう。

私がお届けしました!

ユウ
専属ライター/メカに萌えます
こう見えて趣味はスノーボード。
好きな家電→iPhoneは家電に入りますか?

関連する他の記事

電力自由化によってどのように変わりどのようなメリットがあるか
電力自由化によって、電力会社を自由に選択することができるなど、大きく電力のマーケットは変わります。…
電力自由化対策に!北海道電力の電気料金プランを徹底解説
電力自由化に伴い、北海道地方で最大手の北海道電力の料金プランを解説します。北海道電力には冬の期間だ…
電力自由化により中部電力エリアでお得になる電気代プランランキング
中部電力エリアにお住まいの3~4人の一般家庭にオススメな電力プランをランキングでご紹介します。電力自…
子どもたちに環境保護の大切さを伝える「そらべあ基金」
再生可能エネルギーの普及活動をするために、保育園に太陽光発電施設を寄贈しているNPO団体「そらべあ基…