長崎県の電力自由化

TOP > 電力自由化 > 【長崎県編】電力自由化で変わったこと

【長崎県編】電力自由化で変わったこと

青空をバックにした田んぼに立つ送電塔の写真

おそらく皆さん一度は、電力自由化というフレーズを聞いたことがあると思います。

その反面、電力自由化についてあまり知らないけど、恥ずかしくて今さら人に聞くことができないという方もいらっしゃいますよね。

今回は、そんな方に向けて電力自由化について簡単に説明し、後半では長崎の電力会社についてご紹介します。

そもそも、電力自由化とは?

電力自由化とは、2016年4月から実施された制度のことを指します。

従来は電気事業法という法律により、国から定められた10社のみが一般家庭に電力供給が許されていました。国から指定された10社以外は電力供給が制限されていたので、実質的に電気市場は10社による独占状態となっていたのです。

長崎の電力会社と政府の関係は原発事故により一変した

今回話題にしている長崎県は、九州電力の電力エリアに属していました。今まで電力自由化が実施されなかった背景には電気事業法以外にも、大手電力会社が反対していたということも関係しています。

もちろん、大手電力会社からすれば従来の環境の方が良かったはずですが、この状況は東日本大震災の際起こった東京電力福島第一原子力発電所の事故により一変しました。

この事故によって大手電力会社の中でも最も売上が高かった東京電力が経営破綻の危機に瀕してしまい、政府の援助を受けました。

これにより政府と電力会社の関係が変化し、それに加え電力自由化に積極的な安倍内閣により電力の小売部門の自由化が推し進められたのです。

このようにして実現された電力自由化により、様々な業種の企業が電力の販売を始め、消費者は現在の地域ごとの大手電力会社以外からサービスを受けられるようになったのです。

電力自由化によるメリットは?

さて、今まで電力自由化とその経緯について説明してきましたが、実際のどのようなメリットがあるのかが最も気になる点ですよね。もちろん電力会社を自由に選べることには多くのメリットが存在しますので、ここではその中からいくつかご紹介します。

月々の電気代が節約できる

消費者側が自由に電力会社を選ぶことができるようになったので、電力会社側も他社との競争に負けないように消費者のライフスタイルに合わせた様々な料金プランを打ち出しました。

実際に電気料金プランを見直した世帯数は既に100万世帯を越えています。

また、電気料金プランを見直して節約できた例は数多く存在します

「1月の電気代が約4000円節約できた」

という声も上がっていますので、1年間に換算したら大きな金額が節約されているということになります。

月々の電気使用量にも気を配るようになる

電力会社を変え、料金プランを見直すということは自身の電気の使い方を改める良いきっかけになります。

事実、料金プラン変更の際に今までの電気料金と比較したり、詳細を調べて電気の使い方について見直した人は多く、結果的に節電や節約につながっています

皆さんもこの機会にぜひ電気料金や電気使用量を見直してみませんか?

電力自由化によるデメリットとは?

今回の電力自由化により>新規参入の小売電気業者が増えてきました

しかし、会社ごとに電力供給のシステムや技術、資本力は異なります。

また、競争原理により全ての電力会社が経営を続けていくことは困難かもしれませんので、何かしらの原因で会社が倒産してしまうリスクは否定できません。

もしもの時にも安心の常時バックアップシステム

もし、契約していた電力会社が倒産してしまった場合、すぐに電力供給がストップするのかと懸念する人も多いです。

しかし、電力会社の倒産で電気がすぐに使えなくなるというわけではありませんのでご安心ください。

これは常時バックアップというシステムが存在しており、新しい電力会社が契約者に電力供給が出来ない場合はその地域の大手電力会社、長崎県で言えば九州電力が足りない電力分を肩代わりしてくれるのです。

このバックアップ期間に他の電力会社と新たな契約を結べば良いので、実際に目立ったデメリットは存在しません

長崎県の電力会社を紹介!

最後に長崎県の電力会社をご紹介したいと思います。

まず、ご紹介するのはHTBエナジーです。

長崎県にお住まいの方は既にご存知かもしれませんが、実はハウステンボスが運営しているHTBエナジーは電力も販売しています。

このように、一見電気事業に縁がなさそうな企業も調べてみたら電力事業に乗り出していたなんてこともあります。

それ以外にも長崎には、九州電力・Looopでんき・ミツウロコでんき・auでんき・J:COM・イデックスでんき・丸紅新電力・長崎地域電力など他にもたくさんの電力会社があり、多種多様なプランが存在しています。

自分にあったプランを提供してくれる電力会社を選ぼう

電力自由化により、電気会社は個人の選択で自由に選択できるようになりました。

そのため、まずはご自身の条件を条件に照らし合わせて電気料金シミュレーションで確認し、どこだと安くなるのかを確認することが重要です。

また、大手企業意外にも地元企業が電力自由化にともなって電力供給に参入しています。

どのような会社でどのようなエネルギー、システム、プランが一番自分にあっているのかを見つけて、電力自由化という制度を最大限に利用しましょう。

私がお届けしました!

魔法少女
専属ライター/最年少ですが頑張ります
独学でミシンをマスターしました。
洋服であれば大抵のものは作れます。
好きな家電→ベルニナのミシン

関連する他の記事

電気料金シミュレーションを活用しよう
電力自由化が実施されてから早一年。ここでは、電力自由化に伴う電気料金の変化を活用するための電気料金…
【電力自由化】クリーンエネルギーを作る発電所の電気が安い理由
電力自由化によって台頭した新電力の火力発電や風力発電、バイオマス発電などのクリーンエネルギー発電所…
電力自由化で新電力会社を選ぶとき発電方法で決めるのもアリ
話題の電力自由化。電力会社を自分で選べるようになりました。新電力会社を発電の方法で選ぶという視点を…
関西電力エリアの【一人暮らし】電力会社を比較してみました
関西電力エリアの一人暮らしの電気料金プランを比較してみました。関西電力エリアで一人暮らしする場合に…