【電力自由化】新電力の発電所にトラブルがあった場合

TOP > 電力自由化 > 【電力自由化】新電力の発電所にトラブルがあったらどうなる?

【電力自由化】新電力の発電所にトラブルがあったらどうなる?

倒れる電気
電力自由化で電力会社を乗り換える場合、今までと同じように停電することなく電気を使うことができるのでしょうか?もし、新電力の発電所に何かあったら、停電するリスクはあるのでしょうか?新電力の発電所について解説していきます。

新電力を選んでも電力供給は安定する

電力自由化によって、今までよりもお得に電気を利用できたり、セット販売やポイント付与、各種特典などで今までよりもお得になるケースは多いです。しかし、電力自由化で新電力に乗り換えた場合、新電力の発電所に何かあった場合、どうなってしまうのか心配に思う方も多いようですが、基本的に、どの新電力を選んでも電力供給が不安定になることはありません。

発電コストや固定費の削減で低価格を実現

新電力では、発電コストを下げたり固定費の削減によって低価格を実現しています。今までの電力会社は、発電所の設立や維持、発電、販売など全て担ってきましたが、新電力の場合、電力販売に注力しているため設備投資などのコストを削減することができるのです。しかし、電力会社を新電力にしたからといって電力供給が不安になることはありません。電力自由化後も今までと同じように変わらず電気を使うことが出来ます。電気料金が今までよりもお得になるのに、何故停電リスクが無いのでしょうか?

一つの送電網に電気を流すので安心

街中で見かける、電柱や電線は地域の電力会社だけでなく、全ての電力会社が使用することができます。これらは、電力会社にとって共同のものなのです。地域の電力会社だけでなく、新電力が一つの送電網に電気を流しているため、特定の新電力に切り替えた家庭や会社だけが停電することはあり得ません。そのため、電力自由化をきっかけに、今までより安い電気料金の新電力と契約しても停電リスクが増えるという事はないのです。

発電所に何らかのトラブルがあった場合

では、新電力の発電所でトラブルがあり、電気を作ることができなくなった場合はどのような対応になるのでしょうか?基本的に、電気は上記のように送電網を通っています。送電網の電気自体は、どこの電力会社のものかはわからないようになっています。電気ををどれだけ使っているかはメーターから把握するので、例えば契約した新電力の発電所での発電が止まってしまったとしても、変わらず電気を使用することができるのです。

トラブルで送電できなくなった場合のシステム

新電力の発電所のトラブルによって電線への送電ができなくなった場合、送電網の全体の電気量は減っていきます。そうすると、発電所ではなく、「送電会社」が同じ送電網を使う違う電力会社に電力を流すよう指示します。その結果、トラブルによって発生した追加の電気代は、後から発電所にトラブルのあった新電力に請求されるというシステムになっています。そのため、新電力の発電所に何らかのトラブルがあったとしても、消費者側は変わらずいつも通り電気を使い続けることができますし、違う電力会社から電気代を請求されることもありません。停電するリスクは、地震や台風など何らかの理由で電柱や電線が壊れてしまった場合のみです。

電柱や電線が故障した場合はどうなる?

また、発電所のトラブルだけでなく、電線や電柱が故障してしまった場合もどうなるのか気になりますよね。先程も説明した通り、電柱や電線は共同のものであり、故障した場合は送電会社が責任を持つことになっています。そのため、電力自由化で新電力に切り替えたからといって、停電が治るスピードが遅くなることはありません。

新電力に切り替えたら電気の質は変わる?

電力自由化に伴い、新電力に切り替えたら電気の室は変わってしまうのかも気になりますよね。新電力では、発電方法や発電所にこだわっている会社がありますが、新電力に切り替えたからといって電気の質は今までと変わりません。「今までよりも弱い電気になってしまった」というような質の違いはありませんので、安心して切り替えることが出来ます。

新電力の会社が潰れることで、停電リスクはある?

新電力の発電所に問題があっても、電柱や電線にトラブルがあったとしても、電気の質や停電リスクは今まで通りです。それでは、仮に契約してしまった新電力の会社が潰れてしまった場合はどうなるのでしょうか?たとえ、契約していた新電力の会社が倒産してしまっても、消費する側が電気を止められるという心配はありません。ただし、新しい電力会社を新たに選ぶまで少しだけ高い電気料金を支払うことになるようです。もし新電力の会社が倒産してしまったとしても慌てる必要はありません。停電する心配は無いので、冷静に新しく契約する電力会社を探しましょう。

電力自由化によって、料金が安くなるのは発電所のトラブルや停電リスクなど、何らかのリスクがあるのでは…といったように心配になる方は少なくありません。しかし、新電力に切り替えたからといって電気の質が落ちたり、停電リスクが増えるなどといったトラブルの心配は無いので安心して新電力を選びましょう。

私がお届けしました!

ジャンヌ
ライター/エコなものが好き
エコじゃないものと闘う、地球に優しい女性ライター

関連する他の記事

電力自由化後、よく見かける「グリーン電力」「FIT電気」って何?両方とも自然エネルギーなの?
"電力自由化後、「グリーン電力」や「FIT電気」という単語が、消費者の目にも止まるようになった。その二…
電力自由化で売電したい人のための後悔しない電力会社の比較方法
2016年から電力自由化がはじまったことで一般家庭でも、太陽光発電による余剰分の電気を新電力会社へ売り…
電力自由化で一気に加速するスマートハウス化の動き
電力自由化にともない大手ハウスメーカーではスマートハウスが開発・販売されています。スマートハウスと…
電力自由化で自然に優しい電気を使おう!自然エネルギーランキング
2016年より始まった電力自由化。地球のこれからの事を考えて、再生可能エネルギーを活用して電力を供給す…