東北電力エリア在住の4人家族向け!電力自由化でお得になる電力会社紹介

TOP > 電気料金 > 電力自由化でおすすめの電力会社~東北電力エリアの4人家族編~

電力自由化でおすすめの電力会社~東北電力エリアの4人家族編~

4人でパソコンを見る家族
今までは地域の電力会社しか選ぶことができませんでしたが、電力自由化によって、2016年4月から電力会社を自由に選ぶことができるようになりました。今回は、東北電力エリアに住む4人家族の電気料金プランを計算し、比較してみました。電気料金だけで比較した場合に、節約額が多い順でご紹介していきます。

今回の電気料金比較のための条件

まず、当企画で電力会社の料金プランを計算、比較する上での条件をまとめてみます。

・東北電力エリア在住の4人家族

・4月の電気料金は15,000円(50A契約)

・平日の日中は家族の2人以下が家に居る

・休日のどちらかは外出している

・従量電灯B(標準プラン)

こちらの条件で計算すると、東北電力と契約している現在の電気代は、

・1年間で205,461円

・電気使用量は7,411kWh

となりました。これらの条件でシミュレーターにかけて各電力会社の電気料金を計算してみました。他の電力会社と比較し、実質節約額だけでみると以下の電力会社のプランがお得という結果になりました。

1,東北電力(よりそう+ナイト&ホリデー)

東北電力エリアの場合、上記のような条件の4人家族の場合、電力自由化後に料金プランを比較しても、東北電力が最もお得という結果になりました。一人暮らしで試算してみた場合も同様に、東北電力エリアでは東北電力のこちらのプランが最もお得という結果となっています。上記の条件でシミュレーターにかけて計算してみたところ、以下の様な電気料金となりました。

・1年間の電気料金は187,410円

・1年間で 18,050円節約

・1年間で8.8%の節約

夜間と休日の電気量料金が格安!

東北電力のよりそう+ナイト&ホリデーは、従量電灯Bと比べて夜間と休日の電気料金が安く設定されています。夜間や休日にまとめて家事をするライフスタイルの家庭には非常におすすめなプランとなっています。電気量料金は以下の様な料金体系となっています。

・昼間(8時〜22時)60kWhまで1kWhあたり23.59円

・昼間(8時〜22時)60kWh〜140kWhまで1kWhあたり23.59円

・昼間の料金は、140kWhを超えると1kWhあたり38.62円

・平日22時〜翌朝8時までの夜間料金と、平日は1kWhあたり15.59円

50Aの基本料金は1,944円となっています。

2,eコトでんき! (eコトでんき!B プラン W)

東北電力のよりそう+ナイト&ホリデーと違い、eコトでんき! のeコトでんき!B プラン Wは24時間の電気料金が同じです。4人家族はもちろん、一人暮らしのお家にも向いているプランとなっています。eコトでんき!B プラン Wでは、伊藤忠エネクスホームライフ東北もしくは媒介代理店のガスを契約することで、ガストのセット割引が適用となります。上記の条件でシミュレーターにかけて計算してみたところ、以下の様な結果となりました。

・1年間の電気料金は189,932円

・1年間で15,528円節約

・1年間で7.6%の節約

50Aの基本料金は1,620円となっています。

早期加入特典がお得

eコトでんき! のeコトでんき!B プラン Wでは、2016年12月末までに契約した場合、以下の様な早期加入特典があります。

・おそうじ・お選択グッズまたはTポイント1,000ポイント付与

・1年未満の解約でも通常の解約手数料(3,000円)が無料になる

3,eコトでんき!(eコトでんき!B プラン S)

2位のeコトでんき!B プラン Wと同じように、eコトでんき!のSプランも電気量料金が他の電力会社のプランに比べて安いのでおすすめです。上記の条件でシミュレーターにかけて計算してみたところ、以下の様な電気料金となりました。

・1年間の電気料金は193,756円

・1年間で11,705円節約

・1年間で5.7%の節約

eコトでんき!B プラン Wと同様に、同じ早期加入特典があります。

eコトでんき!B プラン Wとの違い

eコトでんき!B プラン Wと同じように、24時間の電気量料金は全て同じ料金設定となっています。しかし、eコトでんき!B プラン Wと違い、eコトでんき!B プラン Sにはガスセット割引がありません。ガスをよく利用する家庭ではe コトでんき!B プラン W、あまり使用しない家庭ではe コトでんき!B プラン Sの利用がおすすめです。50Aの基本料金は1,620円とこちらもe コトでんき!B プラン Wと同じ基本料金となっています。

東北電力エリアで4人家族で上記の条件の場合、最もおすすめできるのは東北電力のよりそう+ナイト&ホリデーのプランとなっています。しかし、ライフスタイルによってはどこの電力会社が最もおすすめできるのかは変わってきます。まずは家族のライフスタイルを把握し、どの時間帯に電力を多く使っているかを確認することが重要です。ライフスタイルを把握したら、シミュレーターを使って電気料金を計算してみましょう。

私がお届けしました!

ジャンヌ
ライター/エコなものが好き
エコじゃないものと闘う、地球に優しい女性ライター

関連する他の記事

電力自由化の要である電力会社のお仕事とは
日本の電力会社は、発電―発送電―変電―配電の一貫体制を取っているのが特徴です。こうした電力の仕組み…
洗濯機の電気代を安くする、節電アイディアまとめ!
毎日の洗濯で使う洗濯機。でも何気なく使うものだからこそ、節電を意識することはあまりないかもしれませ…
電力自由化でマンションの電気代を節約!どんな工事になる?
電力自由化でマンションの電力会社を新たに変更することになった場合、どんな工事が必要になるのかを解説…
電力自由化!引っ越しを機に電力会社も変更してみては?
せっかく電力自由化されたのに、未だに電力会社を変更していない場合、引っ越しを機に新電力の料金プラン…