【4人家族】電力自由化参入会社を比較!大幅節約できるプラン紹介

TOP > 電気料金 > 電力自由化参入会社のプラン比較!4人家族なら大幅節約できる?!

電力自由化参入会社のプラン比較!4人家族なら大幅節約できる?!

4人家族
電力自由化によって、4人家族の場合は大幅に月々の電気代を節約することが可能になりました。今まで電気代のプランを見なおしたことが無い家庭でも、是非電力自由化を期に適切な料金プランへ乗り換えましょう。4人家庭の場合の電気量料金を比較してみました。エリアは東京電力エリアでシミュレーションしました。

電気料金比較のための条件~4人家族編~

まず、今回の電力会社の料金プランを比較する上での条件をまとめてみます。

・東京電力エリア(23区)在住

・4月の電気料金は15,000円(50A契約)

・平日の日中は家族の半分以下が家にいる場合が多い

・土日に家にいる家族がいる

・従量電灯B(標準プラン)

この条件で計算すると、現在の電気代は、

・1年間で204,921円

・電気使用量は7,676kWh

となりました。これらの条件で、様々な電力会社と比較してみたところ、実質節約額をみると以下の電力会社のプランがお得でした。

1,みんな電力株式会社(スタンダードプラン)

みんな電力株式会社は、発電所を選んで応援できる電力会社です。好きな発電所を選ぶと、電気を使うことでみんな電力株式会社に電気料金の一部が支払われます。みんな電力株式会社のスタンダードプランは、電気使用量の多い4人以上の家族にとって、大幅に電気料金を節約できるので非常におすすめです。上記の条件でシミュレーターにかけて計算してみたところ、以下の様な結果となりました。

・1年間の電気代は173,320円

・1年間で31,601円節約

・1年間で15%の節約

東京電力の従量電灯Bと比較すると年間で30,000円以上お得になる可能性があります。月に換算すると、2,633円のお得に。少人数家庭では、電力自由化後せいぜい10%程度の削減にしかなりませんが、4人以上の家族はなら、15%もお得になる可能性があります。

シンプルな料金体系

みんな電力株式会社のスタンダードプランは、非常にシンプルな料金体系となっています。電気料金は、アンペア数によって基本料金が変わることがほとんどですが、こちらのプランは以下のようにとてもわかりやすい設定となっています。

・1契約の基本料金が830円

・電気料金は23円/1kWh

シンプルなプランなので、節約計画も立てやすそうです。また、再生可能エネルギーの活用も行っています。

2,株式会社坊っちゃん電力(粋な坊っちゃんプラン)

株式会社坊っちゃん電気は知名度は低いですが、なかなか魅力的な料金プランを発表しています。「知名度は低いが電気代はもっと低い」というユニークなキャッチコピーが個人的にとてもお気に入りです。元々は太陽光発電の販売や施工などを行っていたデンカシンキグループの電力会社です。上記の条件でシミュレーターにかけて計算してみたところ、以下の様な結果となりました。

・1年間の電気代は179,339円

・1年間で 25,581円節約

・1年間で12%の節約

みんな電力株式会社のスタンダードプランには届きませんが、東京電力従量電灯Bと比較すると、かなりの節約が可能なことがわかります。

最初の300kWhまでは電気量料金が安い

みんな電力株式会社のスタンダードプランでは、電気量料金が最初の300kWhまでは安くなっています。家族で協力すれば、かなりの節約が実現できそうです。

・300kWh未満は22円/1kWh

・400kWh以上は28.82/1kWh

3,ミツウロコグリーンエネルギー株式会社(従量電灯B)

ミツウロコグリーンエネルギー株式会社の従量電灯Bは、大人数の家庭だけでなく、一人暮らしや少人数家庭にもおすすめのプランです。こちらも環境に優しい電気を販売している電力会社です。出張や外泊などで、家にいる人の数が流動的な家庭に向いています。上記の条件でシミュレーターにかけて計算してみたところ、以下の様な結果となりました。

・1年間の電気代は180,906円

・1年間で 24,015円節約

・1年間で12%の節約

株式会社坊っちゃん電力の粋な坊っちゃんプランと比較すると、ほとんど同じ電気料金が節約できることがわかります。

24時間電気量料金が変わらない安心プラン

ミツウロコグリーンエネルギーの従量電灯Bは、時間や季節によって電気量料金が上がることはありません。以下の様な電気量料金となっています。

・120kWh以下は21.43円/1kWh

・120kWh以上300kWhは22.63円/kWh

・300kWh以上は25.24円/kWh

極端に電気を使わない月などがある場合は、上記2つのプランよりもこちらのプランに変更しておいた方がお得になる可能性があります。

このようにシミュレーターにかけて比較してみると、東京電力エリアに住む4人家族は、新しい電力会社に変更することで、1年間で20,000円以上、みんな電力株式会社の場合は30,000円以上の節約ができる可能性があります。電力自由化で本格的に節約の恩恵を受けられるのは、4人以上の家族だと言われています。この機会に是非新しい電力会社に乗り換えを検討してみてはいかがでしょうか?東京電力でも、電力自由化後には新しい料金プランを発表しているので、比較しておくのも良いかもしれません。

私がお届けしました!

ジャンヌ
ライター/エコなものが好き
エコじゃないものと闘う、地球に優しい女性ライター

関連する他の記事

電力自由化!セット割で電気代をもっとお得にしよう!
電力自由化でこれまでになかった、他サービスと電力サービスをお得に組み合わせた「セット割」が登場して…
節約には基本料金の見直しが重要!電気料金の計算方法
電気料金を節約したい場合、単に電気使用量と電気量料金の単価をかける計算だけでは不十分です。正確な電…
電力自由化で新電気料金プランをリリースした関西電力を徹底リサーチ!
関西電力では、電力自由化の前から時間帯や季節によって異なる電気料金プランを運営してきました。しかし…
新電力(pps)に変える前に知っておきたいデメリット!
新電力に変える前に電力自由化がもたらすデメリットを予め知っておく必要があります。いい所だけでなく悪…