毎日使うドライヤーの節電方法4選

TOP > 電ニューコラム > 消費電力No.1!! ドライヤーを節電するには?

消費電力No.1!! ドライヤーを節電するには?

毎日使うドライヤー。
消費電力は700~1400ワットのものが主流で、その電力消費量は家電の中でも最強クラス!
使用時間は他のものと比べると短いかもしれないですが、家族一人一人が使うものなので、合計すると電気代は決して安くありません。
そんな悩ましいドライヤーを、使う時間を短くして節電に繋げる、賢い方法を紹介していきます。

タオルドライをして、タオルの上からドライヤーを当てる

基本中の基本ですが、まずはドライヤーを使う前にタオルドライをきっちりしておきましょう。
マイクロファイバー素材で作られた速乾性の高いタオルも数多く、安いものでは100円ショップでも購入できるのでおすすめです。
タオルドライをしたあとは、髪にタオルを巻いて、そのままドライヤーで乾かします。
そうすることでタオルが水分を吸いながら乾かせるので、いつもより短時間で乾かし終わります。
短い時間で乾かし終わるだけでなく、ドライヤーの熱を直接当てないので、髪も痛みづらいという嬉しいおまけつき。
節電しながら、ヘアケアもできてしまうのです。
特に髪の長い方に試していただきたいですね。

ドライヤーの温度設定をこまめに行う

ドライヤーは一般的に、高温と低温の温度調節のできるものが主流です。
実際に乾かすときは、高温を使うことが多いのではないでしょうか?
しかし、低温のほうが3~4倍、消費電力を抑えることができるのです。
季節や乾き具合に応じて、こまめに設定を切り替えることで、ぐんと節電効果が上がります。
また、高温よりも低温のほうが、もちろん髪にも良いです。

髪を短くする

ドライヤーの節電は使用時間を短くすることが第一です。
なのでいっそのこと、髪を短くしてしまうのはいかがでしょうか?
私自身もショートボブの長さですが、切る前は腰のあたりまで伸ばしていました。
ドライヤーの時間のみならず、シャンプーやヘアオイルの量も減らせるので、節電節約にかなり効果的です。
新年度も近づく今、節電もできるイメージチェンジで良いスタートダッシュを迎えましょう!

私がお届けしました!

魔法少女
専属ライター/最年少ですが頑張ります
独学でミシンをマスターしました。
洋服であれば大抵のものは作れます。
好きな家電→ベルニナのミシン

関連する他の記事

電力自由化後【北海道電力地域】のオール電化向けプラン
電力自由化によって、北海道電力エリアのオール電化向けプランに新たなプランが加わりました。それぞれの…
電力自由化で人気の比較サイト「エネチェンジ」
人気の比較サイトエネチェンジが、電力自由化が始まって以来、順調にユーザーを伸ばしています。これから…
秋冬に大活躍!加湿器を使った節電アイディアまとめました!
空気が乾燥する時期に活躍する加湿器。そんな加湿器も、ちょっと使い方を工夫するだけで家計を助ける節電…
父の日には家電を贈ろう!パナソニックの掃除機が熱い!
今年の父の日は6月19日です。母の日、父の日のプレゼントで今熱いのはなんといっても家電。パナソニック…