電力自由化のメリットは好きな発電方法を選べること

TOP > 電ニューコラム > 電力自由化で好きな発電方法を選べるメリット

電力自由化で好きな発電方法を選べるメリット

最近、新エネルギーという言葉を耳にします。

新エネルギーは、「地球に優しい」「クリーン」などのイメージがありますが、具体的に既存エネルギーとどのように違うのでしょうか?

新エネルギーの定義

経済産業省の総合資源エネルギー調査会議エネルギー部会の資料によりますと、「新エネルギーとは、技術的に実用化段階に入りつつあるものの、経済性の面での制約により未だ普及が十分でなく、石油代替えエネルギーの導入を図るため、特に必要なものと定義される」となっています。

それには、再生可能(自然)エネルギー、リサイクル型エネルギー、従来型エネルギーの新利用形態三つに分類されています。

再生可能エネルギーには、太陽光発電、風力発電、バイオマス発電、地熱発電等があります。

地球温暖化が進む中、風力や、太陽光などの自然エネルギーシフトへ

地球温暖化が、世界で問題化されている今、地球環境への負荷を考えて行く時代が今そこにやって来ました。

福島第一原発事故以来、その教訓から原子力発電を避けたいと言う人も多くいるようです。その自然エネルギーを、私たちの手で選択できるのです。

ある意味では地球環境のために役立つ事にもつながるのです。電力自由かは私たちにこうした恩恵を与えてくれたのです。

そのためには、再生可能エネルギーの実情を知る必要があります。

折角電力自由化により、エネルギーを選べるメリットを与えられたのです。

再生可能エネルギーの基礎知識を学び大いに活用しましょう。

どの発電方法にも長所と短所がある

これまで電力の中心を担ってきましたのは、CO2の排出量の多い「火力発電」と、CO2の排出量は少ないものの、放射線管理や廃棄物の処理が難しい「原子力発電」でした。

この原子力発電には、政府が提唱していた絶対安全と言う”安全神話”が、福島第一原発事故でもろくも崩壊したのです。

そして地球環境に優しい自然エネルギー、再生可能エネルギーが脚光を浴びることになりました。

電力自由化は、この自然エネルギーで発電した電気を、選べるメリットを与えてくれました。

再生可能エネルギーの実情を述べて行きます。

電力自由化で脚光を浴びる再生可能エネ群そのメリット

<太陽光発電>

♦燃料費ゼロで設置が簡単として人気度抜群の再エネ

価格は、29.8円kwhで、全国化各地に多くの企業により、メガソーラー(大規模太陽光発電所)が設置されています。

一般家庭の屋根への設置など、太陽光発電のメリットの普及が急速に進んでいます。

<地熱発電>

♦初期費用と維持費は少なくてすむ

価格は、9.2~11.6円kwh。

発電時の二酸化炭素排出量はなく、限りないエコシステムというメリットがあります。

<バイオマス発電>

♦最強クリーンエネルギー

価格は、17.4~32.2円kwh。

二酸化炭素ゼロだけに、燃料の開発や、調達の整備が進めば、経済性とエコを兼備したメリットがあり、最強のクリーンエネルギーとなるでしょう。

<風力発電>

♦低コスト。安定供給には広域で、連携することが不可欠

価格は、9.4~23.1円kwh。

安定供給には広域の大量設備で連携する必要があり、再生可能エネルギー中でも最も低コストです。

今後の量産化によってさらなるコスト低減が期待できます。

世界の再生可能エネルギー事情

日本では、電力自由化により、再生可能エネルギーが注目されていますが、電力自由化先進国、欧米諸国の再生可能エネルギーの事情はどうでしょうか。

世界的に普及しているのは、バイオマス(生物体)発電と言われています。

特に電力自由化が進んでいる、アメリカでの普及が急増しているようです。

ヨーロッパにおいては、それぞれの国の、気候や風土から見て、風力発電や、バイオマス発電の導入が進んでいるようです。

現状においては、そのコストの高さから、政策的な導入支援が活発化しています。 また脱原子力政策を進めるスウェーデンやドイツでは、これらの再生可能エネルギーのメリットは認めつつも、原子力発電に変わるエネルギーとしては、まだ先のことになりそうです。

一方発展途上国における利用の在り方は、依然として送電設備など、エネルギー設備が発達していない、国々も多く、そうした国においては、分散型の小型エネルギーとしてのメットをうまく活用しているようです。

電力システムの改革は多くの関連企業にメリットを付与

海外のガス料金と比べて、日本のガス料金も、電気と同じように割高と言われていました。今回の電力自由化で、各ガス会社間での競争が発生し、結果的に、ガス会社がコスト削減に踏み切り、ガスの値段が段階的に安くなっている様です。

これも電力自由化のメリットと言えそうです。

またマイクロガスタービンや燃料電池などの、規模分散化型電源が、電力自由化の流れの中で急速に脚光を浴びています。

小規模ビルや商店、集合住宅などを中心に、その普及が期待されています。 そうしたメリットも電力自由化は与えています。

私がお届けしました!

ブンヤ教授
ライター/ニュース担当
電力自由化関連のニュース集めが得意

関連する他の記事

中部電力が行っているクリーンエネルギーへの取り組み
中部電力では、太陽光発電システムの積極的な配置などを行っています。中部電力のクリーンエネルギーへの…
ブンヤ教授の電ニュース!:海外では電力自由化がおすすめされている?
電力自由化で新電力に乗り換えを行うのが本当におすすめなのか、日本よりも早く自由化を行っていた海外の…
北海道電力のクリーンエネルギーへの取り組みとは?
多くの電力会社がクリーンエネルギーでの発電に取り組んでいます。北海道電力でのクリーンエネルギーの取…
電力自由化はメリットだけじゃない?乗り換える時に気をつけるべき点
電力自由化でお得な電気料金に乗り換える時、デメリットはないのでしょうか?メリットとデメリットの両方…