【関西電力エリア】電力自由化後のオール電化向けプラン

TOP > 電気料金 > 電力自由化後【関西電力地域】のオール電化向けプラン

電力自由化後【関西電力地域】のオール電化向けプラン

ソーラーパネルとエコ
電力自由化によって様々な会社によるプランが打ち出されていますが、オール電化の家庭にとって関西電力エリアの場合、どういったプランが最もお得なのでしょうか。電力自由化後の関西電力エリアのオール電化向けプランについてまとめてみました。

関西電力エリアで提供されているオール電化向けプラン

関西電力エリアで提供されているオール電化向けプランは、現在のところ関西電力のみとなっています。とのため、現在オール電化のお家にお住まいの方は、

・今までどおりのプランで継続する

・電力自由化後に関西電力が提供する新しい料金プランを選ぶ

・オール電化向けではない他の電力会社のプランを選ぶ

の3択になります。新しくオール電化のお家にお引越しされる方やリフォームでオール電化のお家にする場合は、関西電力のオール電化向けプランを選ぶか、オール電化向けではない他の電力会社のプランを選ぶことになります。

関西電力が提供するオール電化向けプラン

電力自由化後、関西電力が提供するオール電化向けプランは以下の通りです。

・はぴeタイム

・時間帯別電灯

・季時別電灯PS

・eスマート10

現在「はぴeタイム」を契約している場合は注意

現在、関西電力のはぴeタイムを契約している場合は注意が必要です。現在でもはぴeタイムに新規加入すること自体は可能です。しかし、新しくはぴeタイムに加入すると、オール電化住宅向けの割引の特典が、新規加入によって失ってしまうからです。はぴeプランの割引は、月々の基本料金と電気使用料の合計から10%も割引になり、かなりお得です。そのため、この権利を失ってしまうのはあまり得策とは言えないでしょう。

少人数の家庭には「時間帯別電灯」プランがおすすめ

まず、少人数の家庭には、「時間帯別電灯」プランが最もおすすめです。このプランは夜間の電気使用料がお得となっているので、日中あまり家に人が居なく、電気使用量もあまり多くない家庭に向いています。23時〜翌日7時までの料金はなんと1kWhあたり13.1円です。

ただし昼間の料金は高い

ただし、昼間の料金は最初の90kWhまでは24.71円ですが、90kWh〜230kWhまでは31.66円、230kWhを超えると36.14円と使えば使うほど高額になっていきます。夜や早朝に家事をする方におすすめと言えるでしょう。電力自由化後は、関西電力以外にも少人数家庭にとってお得なプランを打ち出している会社も多いです。オール電化であっても、関西電力以外も検討してみましょう。

大人数の家庭には「はぴeタイム」と「eスマート10」

電力自由化後、大人数の家庭やかなり電気を使う予定のご家庭には「はぴeタイム」と「eスマート10」がおすすめです。はぴeタイムの場合、季節や時間帯によって料金が異なります。はぴeタイムの電気量料金は以下の通りです。

・7月〜9月のデイタイム料金(平日10時〜17時)は1kWhごとに38.89円

・10月〜6月のデイタイム料金(平日10時〜17時)は1kWhごとに35.54円

・デイタイムを除いたリビングタイム(7時〜23時)は1kWhごとに27.32円

・ナイトタイム(23時〜翌日7時)は1kWhごとに13.1円

eスマート10の電気量料金は以下の通りです。

・7月〜9月のデイタイム料金(平日13時〜16時)は1kWhごとに42.65円

・7月〜9月のデイタイムを除いたリビングタイム(平日8時〜22時)は1kWhごとに34.12円

・10月〜6月のリビングタイム料金(8時〜22時)は1kWhごとに31.02円

・ナイトタイム(22時〜翌日8時)は1kWhごとに18.6円

オール電化で、夜遅くに電気を使うことが多い場合ははぴeタイムの方がお得でしょう。eスマート10は電力自由化後に導入されたプランです。夜間料金の時間を多くしたい場合は、eスマート10の方がが夜間料金の時間が長めです。

ピーク時間を上手く避けられるなら「季時別電灯PS」

ピーク時間を上手く避けられるなら、「季時別電灯PS」プランがおすすめです。電気量料金は以下のようになっています。

・7月〜9月のピーク時間(平日13時〜16時)は1kWhごとに60.7円

・昼間(7時〜23時)の電気料金は最初の90kWhまでは23.1円、90kW〜230kWhまでは30.61円、230kWh以上は35円

・夜間の電気料金(23時〜翌日7時)の電気料金は13.1円

ご覧のとおり、昼間のピーク時間の料金はかなりの高額です。平日は学校や会社などで、家に誰も居ないオール電化のご家庭におすすめでしょう。

2015年3月31日までにはぴeプランに加入していた場合はそのまま割引が適用されるので、そのままのプランにしておいたほうがお得かと思われます。気になる方は、料金シミュレーターのサイトなどで料金を計算してみることをおすすめします。電力自由化によって、ガソリン系の新電力や通信会社系の新電力などが提案するプランは、セット割引やその他特典も充実しています。そのため、一概に関西電力のオール電化プランがおすすめとは言いがたいです。セット割引や特典などで、より生活費を節約できる可能性があるためです。まずはライフスタイルの把握からはじめてみましょう。

私がお届けしました!

ジャンヌ
ライター/エコなものが好き
エコじゃないものと闘う、地球に優しい女性ライター

関連する他の記事

やっぱりこたつが好き!冬の節電アイテムになる?
やっぱりこたつが好き。そんなあなたのため、こたつのメリットやデメリット、電気料金などをエアコンと比…
新電力の部分供給を上手に活用するために知っておくべき事
電力自由化が始まったことによって新たに新電力の部分供給を利用することができるようになりました。2つ…
新電力を救う!?メリットだらけのバランシンググループとは
私たちの選択肢がより一層広がるために今広まっている新電力会社によるバランシンググループについてメリ…
電力自由化後、北海道電力のエリアで料金が安い新電力
電力自由化によって、北海道電力のエリアではどこの新電力の料金が安いのでしょうか?それぞれの新電力の…