ケーブルテレビ関係の新電力プラン

TOP > 新電力 > ケーブルテレビ系のセット割引はどの新電力のプランがお得?

ケーブルテレビ系のセット割引はどの新電力のプランがお得?

様々なセット割引が話題の電力自由化ですが、今回はケーブルテレビ系の新電力のプランについて特集していきます。

各新電力では、ケーブルテレビと電気を同時に契約することで、セット割引が適用になるプランを発表しています。

どれくらいの割引が適用になるのでしょうか?

セット割引を行っている新電力

ケーブルテレビとのセット割引を行っている大手新電力は、以下の通りです。

・ケーブルテレビ株式会社

・イッツコム

・ジェイコム

イッツコムは、東急グループ傘下として、同じく東急グループの新電力である東急パワーサプライと共にケーブルテレビと電力のセット割引のプランを展開します。

ケーブルテレビ株式会社も、東急パワーサプライと提携しています。

東急傘下のケーブルテレビ株式会社

ケーブルテレビ株式会社では、東急パワーサプライと提携し、ケーブルライフでんきというプランを展開しています。

・ケーブルテレビ

・インターネット接続業務

・ひかり電話

とのセットで最大月々324円お得になります。

セット割引の合計金額はあまり魅了的ではありませんが、ケーブルライフでんきは電気料金がお得に設定されています。

■電気代金自体が安いケーブルライフでんき

基本料金は地域の電力会社の料金と変わらないという新電力が多いですが、ケーブルライフでんきの場合、東京電力エリアで30A契約842.40円の基本料金が788.40円と6.4%の割引、40A契約1,123.20円の基本料金が1,069.20円と4.8%の割引、1,684.80円の基本料金が1,522.80円と9.6%の割引となっています。

電気料金は段階制で設定されており

・第1段階料金(120kWhまで)では0.5%割引

・第2段階料金(120kWh〜300kWh)では0.4%割引

・第3段階料金(300kWh超過分)では5.2%割引(30A契約の場合は3.2%割引)

と、電力量料金も安くなっています。

イッツコムはサービスを自由に組み合わせられる

イッツコムも同じく東急傘下の新電力です。

気になるのが、どれくらいの割引が適用になるのかですよね。イッツコムの場合、以下の通りの割引額になります。

・テレビ(マックス、ビッグ、αエース)とのセットで月100円の割引

・インターネット(かっとびメガ160、かっとびワイド)とのセットで月100円の割引

・電話(ケーブルプラス電話)とのセットで月50円の割引

・イッツコムスマート(インテリジェントホーム、テレビ・ブッシュ)とのセットで月100円の割引

■年間4,200円も割引が適用される

全てをセットにすると、月に最大で350円の割引が適用となります。

さらに、上記の4つのサービスを利用すると、年間4,200円も大幅に割引となるプランです。

サービスを選んで自由に組み合わせてもセット割引が適用になるのも嬉しいですよね。

テレビ、インターネット、電話、イッツコムスマートの契約をまとめるだけで、年間の割引額が大幅にアップします。

ジェイコムなら電力量料金が最大10%も割引に

ケーブルテレビ大手のジェイコムも新電力として電力小売事業に参入しています。

ジェイコムでは、J:COM電力家電コースと

・ケーブルテレビ

・インターネット

・電話

の中から2つのサービスから選ぶと、電気使用量が割引となります。

割引される金額は

・第1段階料金(120kWhまで)では0.5%割引

・第2段階料金(120kWh〜300kWh)では1%割引

・第3段階料金(300kWh超過分)では10%割引

と電力使用量によって異なりますが、300kWh超過分が10%とかなり高い割引率となっています。

例えば、東京電力エリアの従量電灯Bで40A契約、月々の電気代が12,684円(税抜き)の場合なら、年間で6,816円(税抜き)の割引となります。

■ジェイコムを検討しているなら早めの加入を

さらに、ジェイコムでは電力セット割キャンペーンというキャンペーンを行っています。

総額で対象プラン料金が、最大12,000円割引となります。

2016年10月の時点では、キャンペーンの期間は2016年11月30日までとなっています。

元々短かったキャンペーンですが、期間延長となり、現在もキャンペーン中となっています。

今後もキャンペーンの期間が延長になる可能性もありますが、加入を考えている方はキャンペーンが終了する前に、早めに加入することをおすすめします。

割引額の総額だけ見ると、ジェイコムが12,000円の割引と高額になっています。

また、電力量料金も、第3段階料金が10%割引と群を抜いています。

ケーブルテレビと電気代を合わせるなら、新電力ではジェイコムがお得と言えるでしょう。

しかし、この割引額はキャンペーン中の金額なので、検討している方は早めに加入することをおすすめします。

また、第3段階料金は10%の割引ですが、第1段階料金は0.5%割引、第2段階料金は1%割引とあまり高い割引率ではありません。

電力をあまり使用しない家庭は、他のケーブルテレビ系電力会社や他の新電力との契約をおすすめします。

私がお届けしました!

ジャンヌ
ライター/エコなものが好き
エコじゃないものと闘う、地球に優しい女性ライター

関連する他の記事

電力自由化は電力システム改革という政府施策の一部です
電力小売事業が自由化された電力自由化が身近ですが、電力自由化は、電力システム改革の一部です。電力シ…
【電力自由化ニュース】燃料費高騰で大手5社の電気料金が値上げ
燃料費の高騰で、2016年の10月、地域の大手電力会社5社では電気料金は値上げとなるようです。電気料金が…
電力自由化で使われる「電力パケット」とはどんな意味?
電力自由化のキーワードである「電力パケット」とは、一体どんな意味があるのでしょうか?電力パケットに…
マンションでも電力自由化!気になる3つの疑問点
マンションで電力会社を変更する場合に、多くの方が気になるであろう電力自由化に関する3つの疑問点につ…