新電力には料金や環境などのデメリットが懸念されます。

TOP > 新電力 > 新電力(pps)に変える前に知っておきたいデメリット!

新電力(pps)に変える前に知っておきたいデメリット!

2016年4月からスタートする電力自由化に向けて、様々な企業が新電力(pps)として参入することを決めています。

新電力(pps)とは既存の電力供給会社ではなかった会社が電力自由化により電気事業に参入してきた企業などのことを指します。

実はすでに大企業などの大きな需要に対するppsサービスというものは始まっておりましたが、一般家庭などに向けてサービスを展開するのは今回の電力自由化からとなりますので、様々なデメリットも浮き彫りになってきていることが事実です。

予めデメリットを把握しておくことで自分に得になるように上手に利用していきましょう!

新電力(pps)は電気代が高くなってしまうデメリットが!?

まず基本的に自由化がスタートすると新電力による価格競争が起き、値下げをする電力事業者が増えていくことは誰もが予想していることですが、逆に現在の電気代よりも高くなってしまうデメリットもなくはないということだけ覚えておきましょう。

これはなぜかと言いますと現在は国が低圧(一般家庭や規模の小さな店舗に対する少ない電力供給)に関しては規制をかけており、発電に対するコストがかかっていくら値上げを電力事業会社側がしたかったとしてもあげられない状態になっています。

しかし今回の自由化によりその規制が取っ払われてしまいますので、もしも新電力が電気を発電所から買う際に発電費用のコスト上昇によって高値で買い取る形になってしまった場合には、私達が負担する電気代も多くなるというデメリットがあると言えるわけです。

企業倒産のリスクも否めないです

新電力として参入する企業の中には大手の企業から地域に特化している企業など多岐に渡ります。

新電力として参入することが決まっている企業はほとんどが他ジャンルのサービスを行っているところがほとんどで、もしそちらの経営状態が悪化した場合に倒産してしまう可能性も有り得なくはないですよね。

実際に倒産をしてしまった際には他の電力事業社などからの補填が行われるような形にすることになり、電気の供給に関しては問題がないような仕組みをとるようにしているようですが、電気料金だけではなくその他のサービス面を考慮してその企業を選んだ際には、今まで積み上げてきたもの(例えばポイントとか)がなくなってしまうというケースも否めなくないわけです。

企業倒産により停電などといった電力的なリスクはないものの、電気事業を通した特典が失われてしまう可能性があるというデメリットは念頭に置いておくくらいで覚えておきましょう。

環境悪化をする可能性もある??

新電力が多く誕生することによって環境面でのデメリットが生じる可能性もあります。

新電力が多く誕生することによりさらに多くの発電を求められる環境になります。

恐らく価格競争などでコストを抑えるという面でも火力発電を利用するということが予想されており、実際に火力発電所が増えていることも事実のようです。

なお火力発電の中に使われる原料には石油・天然ガス・石炭などがありますが、この中でも石炭は比較的安価での取り扱いがされているため、新電力は石炭を使った発電を求める可能性があります。

しかし石炭での火力発電は環境への負荷がかなり大きいと言われています。

二酸化炭素の排出量は天然ガスに比べて2倍もの量を排出します。

中国で大きな環境問題になっているPM2.5に関しても石炭を古い工場で燃やしていることが要因となり発生しているといいます。

今よりも火力発電所の量が増えればこのような環境問題に対してのデメリットが生じることがあり私の生活を苦しめる結果になる可能性もあります。

ですが恐らく環境省が黙ってないのでなにかしらの対策や規制がかけられることは間違いないでしょう。

新電力は便利で環境に優しくあるべき!

何事も新たなチャレンジをしようと現状よりデメリットが浮き彫りになるということはつきものです。

ですが、中には環境問題に訴え自然エネルギーでの発電をしつつ、その電気を供給するという新電力が出てきていることも事実です。

また東京電力では電気の見える化を図り、家庭単位での省エネを更に目指していくという形を目指していく動きをしています。

どうしても価格を安くするための方法を考えてしまいがちですが、電力自由化の本当の意義はこういった自分の力で料金を抑えたり、環境を良くしたりする方法を探ることなのかもしれませんね!

私がお届けしました!

チャーリーブラック
専属ライター/新電力がアツいです
寒がりで普段から着こみ癖があります。
冬は電気代を抑えるのに必死です。
好きな家電→ 加湿器と15年以上使っているDENONのコンポ

関連する他の記事

電力自由化を徹底比較!電気料金はどれだけ安くなる!?
新たに始まった電力自由化でどれくらい電気料金が安くなるのかシュミレーションしてみましょう。あなたの…
「エコめがね」が採用された「じぶん電力」のすすめ
じぶん電力は、太陽光発電と新電力のハイブリッドです。パネル設置の初期費用が無料で、「エコめがね」に…
auとソフトバンクは何が違う?「携帯電話系」新電力のプラン
新電力では携帯電話会社も電力小売事業に参入しています。携帯電話系新電力で気になるのが、携帯料金との…
電力自由化による主なメリット
どのようなメリットが電力自由化によってユーザーにはあるのでしょうか?ここでは、電力自由化による主な…