PPSとはなんぞや?

TOP > 電力自由化 > 電力自由化で活性化しているPPS……ってナニ!?

電力自由化で活性化しているPPS……ってナニ!?

2016年4月から施行される「電力自由化」と共に電力市場を賑わせている PPS という存在。
PPSは別名「新電力」とも呼ばれており大手の電力会社とは異なる「特定規模電気事業者」のことを指します(PPS=Power Producer and Supplier)。

電力自由化によって規制が緩和され今まで大手電力会社に代表される、一般電力会社のみに許されていた電力の販売がそれ以外の会社にもできるようになりました
電力自由化に向け新たな産業分野を開拓すべく様々な会社がPPS(新電力)として登録され電力市場に名乗りをあげています。
PPS(新電力)会社として登録を果たした業者は太陽光発電エコ発電業者など 現在800社以上にも及ぶと言われています。

どうして今PPSが注目されるの?

電力自由化が大きく推奨される火付けとなった要因の一つとして、2011年3月11日に起きた東日本大震災があります。震災以後電力の供給が追い付かず特定規模電気事業者であるPPSが注目されるようになりました。
また東京電力などの大手電力会社が震災以降に電気料金の値上げを行ったため、このことをきっかけにPPSに新規契約を申し出ることを検討している家庭も多く、2016年4月以降電力市場は激しい顧客獲得戦を繰り広げることになると予想されます。

PPSと契約すると電気代が安くなるのはどうして?

電力自由化がなされていなかったこれまでの電力市場は、電力供給を許可された一部の電力会社のみでまかなわれており、市場は事実上特定の電力会社に独占されていました
どんな僻地や離島であってもきちんと電力が供給される環境を整えてもらうことはできたものの、電気料金の値は電力会社の言い値で一方的に決まっているようなものでした。
つまり料金や契約する電力会社に関しては消費者が選べる自由度はそれほど無かったと言えます。

しかし電力自由化によりこれから新たに電力市場に参入するPPSは、電力供給の事業のみを行っている大手の電力会社とは異なり、別の事業をメインで行っている会社であるため、事業コストを契約者との電気料金のみに依存する必要がなく、会社利益が出る程度の料金で設定されているため、PPSでは従来の料金プランよりもさらに安く契約を結ぶことができるのです。

PPSはサービス内容を見極めるのが大事!

これまで電力供給事業のみに頼っていた電力会社とは異なるPPSは、業者ごとに電気料金が異なるだけでなくサービス内容も様々なものになります
以前とは違い電力自由化によって電力業者を選べるようになっただけでなく、業者が提供するサービスの選択肢もこれまでよりはるかに増えることでしょう。

PPSと契約する際にはまずどのように電気料金が算定されているのかサービス内容についての仕組みを把握するようにし、家庭や生活に合った料金プランを提供してくれる業者を検討するようにしましょう。
このあたりは携帯電話業者の選び方に似ていると思います。

またPPSには独自に発電施設を持っているところと持っていないところがあります。どのような発電方法を導入しているかによって料金設定も変わってくるので、そういった細かい仕組みにも目を配って契約するPPSを選ぶようにしましょう。

私がお届けしました!

ピカ丸
専属ライター/オールラウンダー
我が家のPCとゲーム機が電気を食べまくっていると発覚後、
ゴミ場に連れていかれないためになんとかPCとゲーム機の電力消費を抑えようと奮闘中。
好きな家電 →PC/ゲーム機全般/こたつ

関連する他の記事

電力自由化により電力会社のポジションが一転する
電力自由化は、これまでの日本お電力システムを大きく変えて行こうとしています。旧態依然とした電力構造…
電力自由化後、北海道電力のエリアで料金が安い新電力
電力自由化によって、北海道電力のエリアではどこの新電力の料金が安いのでしょうか?それぞれの新電力の…
意外と電気代がかかっている?待機電力の多い家電ランキング!
家庭で使う電化製品の中で待機電力が多いものをランキング形式で紹介。滝電力の説明や待機電力がかかる家…
電気の消費が「見える」?IoTで消費電力可視化サービス
IoT(インターネット・オブ・シングス)の考え方で、分電盤にセンサーをつけて電気消費量を計算し、リア…