電力自由化はアパートでも電力会社を選べるようになる?

TOP > 電力自由化 > 電力自由化でアパートも電力会社を選べるようになる?

電力自由化でアパートも電力会社を選べるようになる?

2016年4月から実施されている電力自由化。まずは軽く電力自由化についておさらいします。今までは東京電力といった〇〇電力のように、地域で指定された電力会社としか契約することはできませんでした。しかし、電力自由化に伴って、今までは1社しか契約することができませんでしたが、自由に電力会社や契約プランが選べるようになりました。でもそれは一軒家に住んでいる人にしか関係ない話なのでしょうか?

アパートで自由に電力会社を変更することは可能?

結論から言うとマンションやアパートでも原則として電力会社の乗り換えが可能になりました。しかし、どんな建物でも可能というわけではないのでさらに詳しく見ていきましょう。

電力会社の乗り換えが可能なアパートとは?

基本的に、電気メーターが付いている通常のアパートでは乗り換えが可能となっています。マンションでは、電気代を高圧一括受電している場合は自由に電力会社を乗り換えることができません。アパートも同じように、一括受電をしているケースでは各家庭に戸別でメーターが取り付けられていません。このような場合は新電力と契約できないので注意しましょう。また、契約名義人が他人の場合も自由に変更することは不可能です。

アパートの電気代が一括受電かどうかを確認する方法

例えば、今まで地域の電力会社と契約していた場合は東京電力や関西電力などから電気使用量や請求書などが送られてくるかと思われます。しかし、家賃に「管理費」として電気代を請求されているケースは一括受電している可能性が高いです。高層マンションや大型施設などは高圧一括受電しているケースが多いですが、下宿や古いアパートの場合も一括受電しているケースが多いです。わからない場合は管理会社や管理人、オーナーなどに確認するのが確実です。

確信が持てない場合は事前確認を

後からトラブルが無いように、確信が持てない場合は事前に確認をしましょう。新電力と契約する場合、今までの電気メーターではなくスマートメーターと呼ばれる高機能な電気メーターを設置する必要があります。賃貸の場合は自分の持ち家ではありません。基本的に電気メーターは建物所有者のものではなく電力会社のものなので問題ありませんが、トラブルを防ぐためにも確信が持てない場合は事前確認しておきましょう。特に、直接自分名義で電力会社と契約していない場合は確認を怠らないように留意しましょう。

電力自由化でアパートでも電気料金がお得になる?

気になるのは、実際に電力自由化でアパートでも電気料金がお得になるのかどうかですよね。基本的に、アパートやマンション、戸建てで電気料金が大きく変わるというわけではありません。電気料金が大きく変わるのは、住んでいる人数が多い家庭です。例えば、一人暮らしの場合は月に数100円しか節約できませんが、4、5人住んでいる家庭では、月に1,000円以上もお得になるケースが有ります。

重要なのは「契約プラン」のチェック

電力自由化によって多くの新電力が増加しましたが、万人にとって「ここの会社がお得になる!」といったような電力会社は今のところありません。大事なのは、ライフスタイルに合った契約プランの見直しです。電力会社を変えなくても、今契約中の東京電力や関西電力など地域の電力会社のプランを見直すだけでも電気料金の節約になります。電力自由化に伴って、これらの電力会社でも新しいプランが続々と発表されています。

単純に電気料金だけで比較はできない

また、単純に電気料金だけで電力会社を比較するのはおすすめできません。電気料金は各社異なりますが、基本的には大幅に電気代が節約できたというケースはあまり多くはありません。しかし、通信会社やガス会社、ガソリン系の会社など多くの企業が参加しているため、今までになかった「セット割引」や「サービス内容」によって様々な支払いがお得になる可能性が高いです。

「セット割引」でお得になる例

通信会社の場合、auでんきやソフトバンクでんきといったおなじみの名前の会社から選ぶことができます。スマートフォンや携帯電話などをauやソフトバンクで契約している方は、電気代と月々のスマホ代、携帯代、インターネット代を一本化することでお得に利用できる可能性があります。また、

「サービス内容」でお得になる例

東京ガスも電力自由化に伴い、電力を供給するようになりました。東京ガスと受電を契約すれば、2018年3月までは24時間365日対応の「生活まわり駆けつけサービス」が無料で利用できたり、「クックパッド」のプレミアムサービスの一つである「人気順検索」が無料で利用できたりするなど日々に直結する魅力的なサービスがあります。このような単純に「電気代の節約」だけではないサービスが次々誕生しています。アパートでも料理を楽しみたい方にはうってつけのサービスですよね。

まとめ

賃貸のアパート暮らしの方でも、基本的に電力自由化に伴って電力会社を乗り換えすることは可能になりました。しかし、アパート側が管理費として電力を一括受電している場合は勝手に乗り換えることができないので注意が必要です。電力の乗り換えが可能なアパートにお住まいの方は、単純に料金だけで比較せず、セット割引やサービス内容などにも注目してみてください。

私がお届けしました!

ジャンヌ
ライター/エコなものが好き
エコじゃないものと闘う、地球に優しい女性ライター

関連する他の記事

電力自由化後、オール電化で得するのは九州エリア?!
オール電化向けのプランでは、断トツにお得な九州電力エリアについて解説していきます。九州電力はもちろ…
電力自由化はメリットだけじゃない?乗り換える時に気をつけるべき点
電力自由化でお得な電気料金に乗り換える時、デメリットはないのでしょうか?メリットとデメリットの両方…
ライフスタイルに合わせるのが吉!ガソリン系新電力のプラン
エネルギー系の中でも、車を所有している家庭にメリットのあるガソリン系新電力会社のプランをご紹介しま…
コンビニ業界から初の新電力プラン!ローソンと三菱商事の「まちエネ」
ローソンと三菱商事が提供している新電力「まちエネ」に関して、詳しく解説していきます。まちエネでは、…