電力自由化に携帯キャリアが参加!ソフトバンクでんきの電気料金プランを紹介

TOP > 電気料金 > 電力自由化に携帯キャリアが参戦!ソフトバンクでんきの電気料金プランとは

電力自由化に携帯キャリアが参戦!ソフトバンクでんきの電気料金プランとは

ソフトバンクでんきバナー
ソフトバンクでんきは、携帯通信会社として有名なソフトバンクが電力自由化を受けて電気小売にも参入して始めた電力会社です。

2016年4月から電気の提供を始めています。

ソフトバンクでんきの大きな特徴は、携帯・スマホやインターネットなどの通信費とセットで申し込みを行うと割引になるという点です。

また、月々の電気の支払いでTSUTAYAなどが提供しているTポイントが貯まるというのも大きな特徴の一つです。

それでは、その電気料金プランはどのようなものなのでしょうか。

解説していきます!

対応エリア

ソフトバンクでんきは、電力自由化が始まった平成28年4月に電気小売を始めましたが、実は全国どこでも利用できるわけではありません。

2016年7月現在では、以下のエリアが対象になっています。

・北海道電力エリア

・東京電力エリア

・中部電力エリア

・関西電力エリア

逆に、対象外のエリアは以下のとおりです。

・東北電力エリア

・北陸電力エリア

・中国電力エリア

・四国電力エリア

・九州電力エリア

なお、北陸電力エリアに関しては北陸電力のプランとソフトバンクの携帯電話サービスを同時に申し込むと割引を受けられる「おうち割 北陸電力 でんきセット」があります。

提供している電気料金プラン

それでは、実際にソフトバンクでんきがどのような電気料金プランを提供しているのかを見ていくことにしましょう。

なお、ソフトバンクでんきでは、各エリアごとによって選べる電気料金プランが異なります。

また、電気料金単価もエリアによって異なるので、細かい数字に関しては省かせていただき、だいたいいくらぐらいお得になるのかという部分だけご紹介させていただきます。

■FITでんきプラン(対処エリア:北海道電力エリア、東京電力エリア、関西電力エリア)

FITでんきプランは、供給する電力の60%を、再生可能エネルギー(太陽光発電、水力発電、風力発電、バイオマス発電、地熱発電など)でまかなっているプランになります。

地球温暖化対策のための活動、「COOL CHOICE」の一環として作られたプランです。

また、その供給される電力は、各エリアの再生可能エネルギーによる発電所から供給されているので、環境対策と共に、地域貢献にもつながる電気料金プランです。

基本的に1年間の継続契約が必須であり、途中で解約する場合は解約金が発生します(540円)

FITでんきプランにすると、従来の電気料金が下がる場合と、スマホ、ケータイなどといった通信費と込みで申し込みをして割引を受けることで結果的に電気料金が割引になる場合とがあります。

実際にエリアごとにだいたいどれくらい料金が割引になる可能性があるか、またTポイントがどれくらい貯まるかは、以下のとおりです。

(月々260kWh使用している家庭が、2年間継続契約した場合)

・北海道電力エリア

約7,200円

Tポイント:約720ポイント

(月々333kWh使用している家庭が、2年間継続契約した場合)

・東京電力エリア

約4,800円

Tポイント:約880ポイント

(月々300kWh使用している家庭が、2年間継続契約した場合)

・関西電力エリア

約6,700円

Tポイント:約700ポイント

■スタンダード(対象エリア:東京電力エリア、中部電力エリア、関西電力エリア)

夫婦共働きで、日中ほとんど家にいないなど、ほとんど電気を使わない家庭向けの電気料金プランです。

1年間の継続契約が必要であり途中でプランを変更する場合は解約金が発生します(540円)

スタンダードプランもスマホ、ケータイなどの通信費とセットで申し込むことで割引を受けられます。

以下、どれくらい割引になるかをまとめました。

(月々333kWh使用している家庭が、2年間継続契約した場合)

・東京電力エリア

約4,800円

Tポイント:約2,020ポイント

・中部電力エリア

約4,800

Tポイント:約1,980ポイント

<・関西電力エリア

約13,200円

Tポイント:約2,020ポイント

■バリュープラン

日中在宅が多い家庭や、3〜4人家族にとってお得な電気料金プランになります。

2年間の継続契約が必要であり途中でプランを変更する場合は解約金が発生します(期中解約金:2,500円)(解約事務手数料540円)

スタンダードプランもスマホ、ケータイなどの通信費とセットで申し込むことで割引を受けられます。

300kWhを超える使用量の場合が一番割引が高くなるのですが、仮に300kWhに満たない場合でもTポイントで1,000ポイントか、スマホの通信データ量を3GBプレゼントといった還元サービスを受けることができます。

以下、どれくらい割引になるかをまとめました。

(月々392kWh使用している家庭が、2年間継続契約した場合)

・東京電力エリア

約16,800円

Tポイント:約960ポイント

・中部電力エリア

約17,280

Tポイント:約920ポイント

・関西電力エリア

約29,760円

Tポイント:約920ポイント

■プレミアムプラン

電化製品を使うことが多い家庭や、5〜6人大家族にとってお得な電気料金プランになります。

2年間の継続契約が必要であり途中でプランを変更する場合は解約金が発生します(期中解約金:5,000円)(解約事務手数料540円)

プレミアムプランも他のプラン同様に、スマホ、ケータイなどの通信費とセットで申し込むことで割引を受けられます。

以下、どれくらい割引になるかをまとめました。

(月々700kWh使用している家庭が、2年間継続契約した場合)

・東京電力エリア

約22,080円

Tポイント:約1,880ポイント

・中部電力エリア

約33,840

Tポイント:約1,680ポイント

・関西電力エリア

約113,280円

Tポイント:約1,580ポイント

まとめ

ソフトバンクでんきは、電力自由化を受けて、携帯キャリアなどで有名なソフトバンクが始めた電力会社です。

その電気料金プランの多くが、スマホ、ケータイなどの通信費とセットで申し込みを行うことで割引を受けられる、というものです。

現在、ソフトバンクの携帯サービスに加入していて、尚且つ対象エリアにお住まいの方は、加入を検討してみても良いかもしれません。

その際、家族全員がソフトバンクの携帯サービスを使用しているとよりお得なので、携帯サービスも他社から同時に乗り換えると割引がより高い状態にできるかもしれませんので、検討してみてください!

私がお届けしました!

笹葉
ライター/プランのことならお任せ
電気料金や料金プランの比較記事をよく書いています。

関連する他の記事

電力自由化が行われた後のメリットとデメリット
電力自由化は、ユーザーにとって多くのメリットがありますが、デメリットもあります。ここでは、電力自由…
スマートメーターで太陽光発電の家はもっと賢くエコ生活!
電力自由化でスマートメーターの取り付けが進んでいますが、太陽光発電ユーザーの方にどんなメリットがあ…
日本の電力自由化は料金高騰を避けられるか、新電力(PPS)にその期待大
今回の電力自由化で,諸外国の様に料金高騰もありうるのか、それを避けるためには新電力(PPS)の動きに掛…
第4回:電力自由化と環境問題|電力自由化の全容を解説【全5回】
全5回連載の第4回目です!電力自由化について、電気料金のことから環境問題に至るまで、さまざまな視点か…