関西電力エリアで一人暮らししてる方にオススメの電力会社比較

TOP > 電気料金 > 関西電力エリアの【一人暮らし】電力会社を比較してみました

関西電力エリアの【一人暮らし】電力会社を比較してみました

大阪
東京電力エリアの場合、あまり電気を使わない一人暮らしの場合、節約できる電気代は4,000円程度とあまり多くありませんでした。同じように、日中はあまり電気を使わず、夜に電気をよく使う関西電力エリアの一人暮らしの場合、どこの電力会社がお得なのでしょうか?各社比較し、おすすめの電力会社をご紹介します。

今回の電気料金比較のための条件

はじめに今回の比較企画に必要な電力会社の料金プランを比較する上での条件をまとめてみます。

・関西電力エリア在住

・4月の電気料金は5,000円(30A契約)

・平日の日中は外出している場合が多い

・休日もほとんど家に居ない

・従量電灯A(標準プラン)

この条件で計算すると、現在の電気代は、

・1年間で69,263円

・電気使用量は2,835kWh

となりました。これらの条件で、関西電力エリア内の電力会社と比較してみたところ、実質節約額だけでみると、以下の電力会社のプランがお得でした。

1,株式会社洸陽電機 (生活フィットプラン)

電気料金だけで比較すると、株式会社洸陽電機の生活フィットプランが最もお得に利用できることがわかりました。関西電力の従量電灯Aと比較して、年間で6,000円以上も節約できるのは生活フィットプランだけです。電力自由化では、一人暮らしで大幅に電力を節約できるプランは珍しいです。一人暮らしで9.5%も節約できるのはかなりお得と言えるでしょう。上記の条件でシミュレーターにかけて計算してみたところ、以下の様な結果となりました。

・1年間の電気代は62,688円

・1年間で6,574円節約

・1年間で9.5%の節約

深夜料金がお得に利用できる

生活フィットプランでは、以下の様な料金体系となっています。深夜料金が20円を下回っているので、日中電気をあまり使わず、夜に家電を使う一人暮らしの方におすすめです。上記の条件でシミュレーターにかけて計算してみたところ、以下の様な結果となりました。

・基本料金が1契約320円

・デイタイム料金(平日9時〜18時)が28円/1kWh

・ホームタイム(8時〜22時の平日のデイタイムを除いた時間)が25円/1kWh

・ナイトタイム(22時〜翌日8時)が18円/1kWh

2,HTBエナジー(たのしいでんき 関西たこやきプラン 従量電灯A5)

株式会社洸陽電機の生活フィットプランと比較すると、大幅な電気料金の節約はできませんが、昼夜気にせず電気を使いたい方に、HTBエナジーのたのしいでんき 関西たこやきプラン 従量電灯A5はおすすめです。上記の条件でシミュレーターにかけて計算してみたところ、以下の様な結果となりました。

・1年間の電気代は65,559円

・1年間で 3,703円節約

・1年間で5.3%の節約

1日の中で電気を使う時間を気にしなくて良い

HTBエナジーのたのしいでんき 関西たこやきプラン 従量電灯A5では、株式会社洸陽電機 の生活フィットプランと違い、24時間同じ電気量料金となっているため、1日の中で電気を使う時間を気にする必要が無いのが魅力的です。使えば使うほど電気量料金は高額になっていくので、あまり電気を使わない一人暮らしの方におすすめのプランです。

・15kWh以下の基本料金は355円/1kWh

・15kWh以上120kWh未満は21.69円/1kWh

・120kWh以上300kWh未満は27.8円/1kWh

・300kWh以上31.66円/1kWh

3,株式会社洸陽電機 (きほんプラン)

一番初めに紹介したプランと同じ電力会社のプランです。同じ株式会社洸陽電機の生活フィットプランでは夜間の電気量料金がお得でしたが、きほんプランでは24時間同じ電気量料金となっています。上記の条件でシミュレーターにかけて計算してみたところ、以下の様な結果となりました。

・1年間の電気代は65,591円

・1年間で3,671円割高

・1年間で5.3%割高

まとまった時間に家事を行わない人におすすめ

24時間同じ電気量料金なので、まとまった時間に一気に家事を行わず、日中はあまり家に居ない場合におすすめです。

・15kWh以下の基本料金は370円/1kWh

・15kWh以上120kWh未満は22.3円/1kWh

・120kWh以上300kWh未満は27.2円/1kWh

・300kWh以上27.9円/1kWh

HTBエナジーのたのしいでんき 関西たこやきプラン 従量電灯A5と比較すると、かなり似た料金体系となっています。基本料金はHTBシナジーの方がお得ですが、300kWh以上の場合は株式株式会社洸陽電機のきほんプランの方が安くなっています。どちらの方が自分に合ったプランかは、生活スタイルによって異なるので、月々の電気使用量を把握して、どちらがお得になるか比較してみましょう。

最後にまとめます

各電力会社を比較したところ、日中はあまり電気を使わず、夜に電気をよく使う関西電力エリアの一人暮らしの場合は株式会社洸陽電機の生活フィットプランが大幅に電気料金を節約することができそうです。一人暮らしの場合、携帯料金やスマートフォン代金とのセット割引もお得となっています。単に電気料金を比較するだけでなく、割引や特典などをしている電力会社も比べてみることをおすすめします。

私がお届けしました!

ジャンヌ
ライター/エコなものが好き
エコじゃないものと闘う、地球に優しい女性ライター

関連する他の記事

北海道電力のクリーンエネルギーへの取り組みとは?
多くの電力会社がクリーンエネルギーでの発電に取り組んでいます。北海道電力でのクリーンエネルギーの取…
噂の真相を確かめる!電気料金は夜の方が安いというのはホント?
電気料金は夜の方が安いということを良く効きますが、そのような噂について、その真偽をくわしく説明して…
節電のために待機電力を見逃すな!
節電の際には、待機電力の存在も見逃せません。家庭の待機電力の中でもとくに消費の大きいものに狙いをつ…
各電力会社の電気料金の請求日
国土が狭いにもかかわらず国内にはたくさんの電力会社が存在します。日本人であってもそれぞれの電気料金…