電力自由化により電気料金支払でポイントが貯まります!

TOP > 電ニューコラム > 電力自由化で知っておきたいポイントシステムの仕組み!

電力自由化で知っておきたいポイントシステムの仕組み!

ポイントカード
2016年4月より電力自由化が施行され、当たり前だった電気料金の仕組みは大きく変わることとなりました。

実際に今まで電力事業を行っていなかった企業も電気事業に参入することとなり、
今までになかった様々な料金プランが登場しています。


そんな中でも注目したい点としてポイントシステムの導入があります!

今まで電気代は一方的に払うしかないものでしたが、
電力自由化がスタートしたこのご時世は、電気料金を支払えば支払うほどお得ができる時代に突入しているのです!          

電力自由化により電気代を支払うだけでポイントがつく!?

従来の電気代事情を考えてみると、
電力会社に使用した分の電気代を支払って終わりというのが基本で、
ただ電気料金を支払って終わりという一方的システムでした。

その理由としては地域的電力会社の独占的市場であったことによる、サービスの活性化や向上が行われなかったことがあげられます。

しかし電力自由化により小売りの自由化が認められ、
様々な企業が電力事業に参入することとなり、
他社に負けないような顧客の満足度が高い電力プランを出す必要がでてきたのです。

◆ポイントシステムの導入による付加価値


顧客に選んでもらえる電力プランとしていくつかの電力小売り会社が取った戦略が、

ポイントシステムの導入です。

これにより今までただ一方的に支払うだけであった電気料金も、
支払った分だけのポイントを得ることができるようになるため、
消費者側も利用するだけお得ができるという形へと変わってきています。

現在では36社がポイントシステムを導入しており、
生活していくうえでも活用をしやすい共通ポイントを導入している会社は21社に及ぶと言われています。

電気代を支払うだけでポイントが貯まるのはありがたいのでは?

電気料金を支払うことによってポイントが貯まるというのは、
利用してみないとどれくらい貯まるのか想像がつきにくいかもしれません。

しかし従来の電気料金を考えてみると月に5000円~10000円くらいが一般的。

毎月この金額分がポイントに付与されると考えるとかなりお得感を得ることができるのではないでしょうか。

◆東京電力はTポイントと提携をスタート!


東京電力といえば今までも関東圏の電力会社として電気料金を支払ってきたご家庭も多いと思います。

そんな東京電力はTポイントと提携を結び、電気料金を支払うだけでTポイントが貯まる仕組みを取っています。

現在東京電力が発表しているTポイントの付与率は1000円で5P

単純計算だと200円で1Pという形になっています。

毎月25P~50Pが加算される仕組みとなりますので、年間で300P~600Pくらいが貯まる仕組みです。

こう考えるとあまり多く感じませんが、
毎月必ず支払わなくてはならなかった電気代を払うだけで、これだけのポイントがつくと考えればありがたい話です。

もちろん貯まったTポイントはTポイント加盟店であれば利用することが可能ですので、
電気代を支払って貯まったポイントは他の分野の支払いに回すことができるというわけです。

ポイントシステムがより生活と密接な関係に!

電力自由化による電気料金のポイントシステムの導入は、
私達の生活状況を大きく変化させる要因になると言えます。

現在共通ポイントシステムの中で電力会社と提携しているのは、有名なもので以下のものがあります。


*Tポイント
*WAONポイント
*Pontaポイント
*dポイント
*楽天スーパーポイントなど


以上のように私達が今まで一度は使ったことがあるポイントシステムが電力会社と提携をしています。

◆個人間におけるポイントの統一化が進む?


電気料金との提携により共通ポイントの存在感は今までよりも大きくなり、
私達の生活においても利用者が増えることはまちがいないでしょう。

電気料金の支払いでもポイントを得ることができるとなると、
生活をしていく上で付与されるポイントは、
なるべく統一をしていったほうがよりお得にポイントを利用することが出来るといえます。

携帯電話コンビニスーパー電気代クレジットカードなどポイントを得ることができる支払いに関して、
個人間での統一化が図られることが予想でき、
より消費者と共通ポイントシステムの関係性は深いものになるのではないでしょうか。

ポイントなんて微々たるものだと言えばそれまでですが、
ちりも積もれば山となるということわざがあるように、
様々なシーンでPが貯まる現代ではポイントシステムもあなどれないでしょう。

これからも電力会社のポイントシステムに目が離せません。

今後さらに様々な共通ポイントとの提携や独自ポイントなどの形が増えていくことが予想できます。

私達の生活においても電気料金の支払いにおけるポイントシステムの存在は、
注意してみておくべき点であると言えるでしょう!

電力自由化をより上手に活かすためにもしっかりとチェックしていきたいですね!

私がお届けしました!

チャーリーブラック
専属ライター/新電力がアツいです
寒がりで普段から着こみ癖があります。
冬は電気代を抑えるのに必死です。
好きな家電→ 加湿器と15年以上使っているDENONのコンポ

関連する他の記事

5人家族にオススメ!電力自由化の各社プランを比較しました
東京電力エリアの5人家族の電気料金プランを比較しました。電力自由化で選ぶことが可能になったおすすめ…
身近な家電で上手に節電!その具体的な方法とは?
節電に関して、日常的に使用している家電で節電する具体的な方法と、最新機種に買い換えることで節電を目…
何時間も冷凍庫が開けっ放しに!恐怖の電気代はいくら?
最初に電気代の計算方法を説明した後、冷凍庫を12時間開けっ放しにしてしまったときの電気代を算出してい…
電力自由化で電力会社を比較する際のチェックポイント
電力自由化が始まりましたが、どのようなメリットが電力自由化はあるのか、どのようにして電力会社を比較…