【東京電力エリア】電力自由化後にお得なオール電化プラン

TOP > 電気料金 > 電力自由化後にお得なオール電化プラン【東京電力地域】

電力自由化後にお得なオール電化プラン【東京電力地域】

オール電化の家
電力自由化後、多くの新電力が参入し、東京電力のプランも変更になりました。その結果、オール電化の家庭でも、様々な会社のオール電化プランから選ぶことが可能になりました。しかし、今までのオール電化プランを契約している方は、このままオール電化のプランを続けたほうが、電気料金だけを比べた場合はお得と言えるでしょう。

今までのお得なオール電化プランは選べない

「オール電化は安い」と今までは言われてきましたが、電力自由化後、残念ながら今までのオール電化プランよりも割高なプランが増えてしまいました。今までのオール電化プランは原子力発電所が稼働していたからこその恩恵だったためです。しかし、新たな引っ越し先がオール電化の場合や、オール電化のお家を購入した方の場合、どの電力会社のどのプランが最もお得なのでしょうか?東京電力地域の場合、どこ会社のどのプランがお得になるのかを解説していきます。

東京電力以外にオール電化向けのプランは無い

残念ながら、東京電力地域では、東京電力以外にオール電化向けのプランを発表している会社はありません。そのため、今回は電力自由化後の東京電力のオール電化プランについて解説していきます。東京電力の新しいオール電化プランは以下の2つです。

・スマートライフプラン

・夜トクプラン

これらのプランについて詳しく解説していきます。

1,オール電化住宅におすすめのスマートライフプラン

電力自由化後、これからオール電化住宅を検討している方に最もおすすめなのが、スマートライフプランです。エコキュートなど、夜間蓄熱式機器を使う場合は夜間の割安電気を使うので、電気料金を抑えることが出来ます。時間帯を2つに分けた以下の様な料金設定になっています。

・午前1時〜6時(5時間)は1kWhあたり17.46円

・午前6時〜翌日午前1時(19時間)は1kWhあたり25.33円

キッチンや空調もオール電化という方におすすめです。電力自由化後のオール電化プランでも、夜間の1kWhあたり17.46円はかなりお得と言えるでしょう。

スマートライフプランの特典

スマートライフプランは、もしものときも安心の24時間365日の住宅設備修理サービスが付いてきます。IHクッキングヒーターやエコキュートなどの修理サービスが利用できます。設置から10年以内であれば、申し込み不要で何度でも修理することができます。(1回1台50万円まで)

2,日中あまり家に人がいない…という場合は夜トクプラン

オール電化だけれど、日中あまり家に人がいない…という家庭の場合は夜トクプランがおすすめです。夜間に電気炊飯器のタイマー予約でご飯を炊いたり、食器洗い乾燥機などで食器を洗う家庭におすすめです。

2種類の夜トクプラン

夜トクプランには、夜トク8と夜トク12の2種類のプランがあります。それぞれプランの違いは以下のように1kWhあたりの値段が異なっています。

夜トク8の場合

夜間:午後11時〜翌日午前7時(8時間)は1kWhあたり20.78円

昼間:午前7時〜午後11時(16時間)は1kWhあたり20.78円

夜トク12の場合

夜間:午後9時〜翌日午後9時(12時間)は1kWhあたり22.55円

昼間:午前9時〜午後9時(12時間)は1kWhあたり33.76円

それぞれのライフスタイルに合わせてオール電化プランを検討するのがおすすめです。

東京電力以外でオール電化の家におすすめのプランはある?

料金プランだけで見てみると、電力自由化後であってもオール電化の家庭の場合、東京電力のスマートライフプランや夜トクプランが最もおすすめです。特に、1kWhあたり10円台のスマートライフプランはとてもお得です。しかし、電力自由化によって様々な企業が様々な特典やセット割引のプランを発表しています。ライフスタイルによっては他の企業に乗り換えた方がお得になる場合があります。

オール電化の家庭におすすめの新電力

オール電化によって月々の電気代が10,000円を超える場合、セット割引や特典が嬉しいおすすめの新電力のプランは以下の通りです。(一人暮らしで電気代が10,000円を超えない場合はまた違ったプランがおすすめなので注意)

昭和シェル石油のホームプラン

・夜間の料金がお得

・レギュラーやハイオクガソリン、経由の割引あり(1円/1L割引)

・Amazon券を貰える(2,000円分)

東京ガスのずっとも電気1

・24時間同一料金

・毎月パッチョポイントが溜まる(パッチョポイントはTポイント、楽天スーパーポイント、Ponta、その他ポイントに交換可能)

・500円分のポイントが貰える

このように、オール電化の家庭の場合、東京電力エリアの家庭では今までのように格安で電気を使うことが難しくなってしまいました。また、電力自由化によって様々な会社と契約することができるようになりましたが、今のところオール電化プランがあるのは東京電力のみです。ライフスタイルによっておすすめできるプランは異なります。オール電化かどうかだけの視点でプランを探すのではなく、日々のライフスタイルや毎月の電気代から計算し、最もお得で最適なプランを見つけましょう。

私がお届けしました!

ジャンヌ
ライター/エコなものが好き
エコじゃないものと闘う、地球に優しい女性ライター

関連する他の記事

電力自由化でセット割を申し込む際の注意点とは?
電力会社を変更する際に、目がいきがちなセット割。しかし実は変更しない方がお得だったり、解約金がかか…
電力自由化がよくわかる!『新電力EXPO』に行ってみよう!
2016年4月から始まる電力自由化。すでに新電力会社として新規参入を果たしている企業はたくさんあります…
電力自由化後に北海道エリアに電力を供給するPPSを比較
北海道エリアを対象に電力供給するPPS(新電力会社)を比較してみました。電力自由化後に北海道の電力会…
新電力になってからの燃料調整費って?!その算出方法は?
新電力の参入が進んでいる中、燃料調整費とはいったいなんなのか、どのように算出し、どこでそれをチェッ…