電気料金の支払い方法を解説

TOP > 電気料金 > 電気料金の定額プランを解説!

電気料金の定額プランを解説!

2016年4月から電力自由化の制度が始まりました。この制度のおかげで、私達は多くの電気料金の支払いプランの選択肢を得ることになります。

そこで、無駄な出費を抑えるためにどのようなプランがあるのか知る必要があるのです。

電力自由化と電気料金の支払い方法

2016年4月から始まった電力自由化制度とはどのような制度か説明します。

電力自由化制度とは、一般家庭を含め、電力の小売が自由になった制度です。この制度が誕生したことで、我々個人でも自由に電力会社を選び、電気料金のプランを選択出来るようになりました。

自分で自由に電力会社を選択出来るようになったことで、各電力会社が顧客獲得のためにさまざまなサービスが付帯された電気料金プランを作り出しています。

私達は自由な選択権を得たことで、お得なプランを選ぶことが出来ます。ただし、これは十分な知識を持っている場合です。

知識がないまま、いい加減な理由で電力会社やプランを決めてしまうと損をしてしまうかも知れません。

電気料金プランに付帯するサービスも様々なので、自分に合った電気料金のプランを選んでいきましょう。

どのようなプランがあるのか

電気料金のプランにはいくつかのパターンがあります。

そのパターンを紹介したいと思います。

電気料金プランとしてまず挙げられるのが、定額料金制です。

これは、毎月の電力使用量に関わらずかかる電気料金が一定のプランです。計器などを必要とせず、毎月一定の電力を使用する場合にオススメの電気料金プランとなります。

次は従量料金制です。これは最低電気料金を設定し、さらに使用電力量料金を加えていく、という形になります。

他には、基本料金制があります。使用電力量に応じて大きくなる電力量料金と、固定の基本料金の2つを合わせた額が支払電気料金となります。

基本的な電気料金プランはこの3種類ですが、料金単価は季節や時間によっても変わることに注意してください。

例えば、夏や昼間は高めの料金設定になっているのに対して、冬や夜は低めの料金設定になっています。

また、各電気料金プランにはそれぞれ使用電力量に応じて料金が変わることもあります。

このように電気料金プランには様々な種類があることがお分かりいただけたと思います。

このように多様な電力料金の支払いプランの種類をまずは把握しましょう。

ここでは、その電気料金プランの1つである定額制支払い方法について紹介したいと思います。

定額制支払いの特徴

数ある電力料金プランの中には支払いが毎月一定となる定額制があることは先程伝えましたね。

使ったら使った分だけ支払う、という支払い方法が電気料金の基本ですが、小規模で一定の電力消費だけならば高い基本料金を支払わなくて良いとしたのがこの制度です。

定額電灯契約

定額制支払いの代表となるのが定額電灯契約です。

定額電灯契約は看板や共同証明などの、小規模で限定的な電灯に電力を供給するための契約です。

定額料金はどれだけ電力を使用しても支払額は変わりませんが、あまり使用しない電灯で契約すると定額支払は割高になってしまうことがあるので注意しましょう。

一般家庭向けの定額プラン

先程説明した固定額電灯契約は名前の通り、一般家庭向けの契約プランとは言えません。なので、定額制と言っても一般家庭にはあまり馴染みがない電気料金プランと言えます。

しかし、一般家庭向けの固定額プランも存在します。

家庭の電力量上限を設定し、その上限値を越えなければ定められた固定額だけ支払うプランです。

自分で電力量上限が設定出来るため、それぞれの家庭に最適の電気料金プランが立てられると思います。

さらに、月ごとに上限に応じた固定額を設定できる電気料金プランが存在するため、電力消費量が多い真冬や真夏には上限を高めて設定出来ます。

この支払い方法なら、無駄なく電気料金を節約できると思いませんか?

各月毎に上限を設定できるので、長期で家を空ける時などにも応用することができますね。

このように自由度の高いプランを魅力的に感じる人は多いのではないでしょうか。

自分に合ったプランを探すことが重要

書く電力会社は、電力自由化によって選択肢を得た顧客を他の電力会社に逃さないためにも魅力的なサービスを生み出しています。

ここで取り上げたプランの他にも、様々なサービスが付帯されたプランが存在します。自分自身にあったサービスを利用することが電気料金節約につながります。

そのためには、まずどのようなプランがあるのか知っておくことが必要です。

プランを知ることではじめて選択肢を私達は得ることが出来ます。

電力自由化制度によって得た選択肢を最大限に活用していきましょう。

私がお届けしました!

わかな
ライター/節電・節約大好き
半ば節電・節約が趣味の女性ライターです。「お家の電気」の話が得意です。

関連する他の記事

第5回:今後はどうなる?電力自由化の全容を解説【最終回】
全5回連載の最終回です!電力自由化について、電気料金のことから環境問題に至るまで、さまざまな視点か…
電力自由化をアパートの人が利用しても大丈夫なの?
2016年にスタートした電力自由化は持ち家の方だけではなく、賃貸のマンションやアパートに住んでいる方で…
電力自由化で激安の可能性?電気自動車のすすめ!
電力自由化に伴い電気料金が下がり、個人宅の電気自動車充電機器はもちろん、有料充電ステーションも安く…
旅行会社系の新電力ならHTBエナジーのプラン!
旅行会社系の新電力であるHTBエナジーのプランを特集していきます。HTBエナジーは、大手旅行会社のH.I.S…