電気料金とプランと安定力の3つを比較して考えましょう!

TOP > 電気料金 > 電力自由化による会社選びで比較すべきなのは料金だけじゃありません!

電力自由化による会社選びで比較すべきなのは料金だけじゃありません!

今まで電力を利用する場合には地域によって決まっている電力会社から電気を受給し、その電力会社の基準の元に使用した分だけの電気料金を支払うという形でした。

しかし2016年の4月から始まる電力自由化によって、今まで電力会社を選ぶという選択肢がなかったという形から、私達側が電力会社を選ぶ形へと変化していくことになります。

実際に120社近くの企業などが電力売買への参加をすると決めており、これから増加していくことも予想できます。

ですので私たちはその数ある電力事業会社を様々な面において比較をしつつ自分にあっているところを選ばなくてはならないのです。

では実際にどのようなところを比較していかなければならないのかをご紹介して行きたいと思います。

電力自由化によって電気料金に幅が!金額を比較して選ぶ!

電力自由化をする際に一番気になる部分でもあるのが電気料金がどのように変わるのかという点ですよね。

電力自由化によって多くの企業が電力小売り事業に参加をすることになりました。
そのため他社よりも安い価格で電気を供給しようという価格競争の動きが見られるようになり、電気料金の値下げが起きることが予想され、これが起こることは間違いないと言っていいでしょう。

もちろん消費者側からしてみても電気料金をなるべく抑えたいという気持ちはあると思いますので、現在かかっている金額よりも安い金額で電力を使うことができるようになるということは今回の電力自由化の最大のメリットですね。

その値段は企業によって様々になってくるので、電気料金は逐一いくらくらいかかるのかを確認する必要があります。

今まであった既存の電力会社に関してもこの新たな新電力事業の参入により、価格帯を下げる形をとることが期待されており、今と同じ形でコストをさげることができる可能性もあります。

ですのでまず現在と比べてどれくらい安くなるのか各会社の電気料金を比較しながら選んでいくことをしていきましょう。

しかし電力小売り事業に参入している会社の中には大手からベンチャー企業まで様々な会社が参入しています。

料金が安いからと言って小さな企業を選んでしまうと少々危険なこともありますので慎重に選んでいく必要があるのです。

それぞれのプランを見ながら生活に見合ったものを選ぶ!

電力自由化により多くの企業が電力事業に参加し価格競争が起きると先ほど言いましたが、それぞれの会社が顧客を獲得するためにさまざまなプランを提案してくることも予想されています。

既存の電力会社でもある東京電力などはお昼に電気を利用することが多い家庭向けのプランと夜に利用するうことが多い家庭向けのプランを作ることによって、私達が負担する電気料金を大きく減らすことができるような料金設定を実現させています。

さらに新電力と呼ばれる元々は違うサービスを行っていた会社に関しては、自社のサービスと組み合わせたプランを用意することによって電気料金を安くできるような形を取るようにしてくることでしょう。

例えばsoftbankなどは自社の携帯サービスやネットサービスと一緒に電力サービスを利用することで大きな電気料金の値下げを実現しています。

この背景も新たな自社サービスの顧客増加を狙ってのことだと言われています。

その他にも様々なジャンルが電力事業に参入し、自社の強みを組み合わせたプランを提示してくることになると思いますので、ご自身の生活スタイルにあったものを比較しながら選んでいくことがうまく電力自由化の波に乗るための重要なポイントであると言えます。

電力会社の規模の大きさも注目ポイントです!!

様々な企業が参入してくる電力自由化ですが、電気料金やプランが良いからと言ってそこに決めてしまうのは少々危険であると言えます。

電気は今まで基本的に安定して供給されてきていたため問題はありませんでしたが、新電力会社が果たして本当に常に安定して供給できるのかどうかは事業がスタートしてみないとわかりません。

ですのであまりにも小さなベンチャ-企業や強くない企業を選んでしまうというのは少々冒険をしているような気もしてしまいます。

また電気というのは溜められない性質があるため、電力会社側は需要がある分だけ常に供給していかなくてはなりません。

そのため発電力をしっかりと持っていないとなんらかの事故が起きてしまう可能性が捨てきれないのです。

実際に早くから電力自由化を行っていたアメリカですが、カリフォルニアやニューヨークなどの大停電事件が起きてしまった要因は電力自由化により、企業が電気料金を抑えるためにあまり余裕を持たずに電気を供給していたからだと言われています。

ですので電気料金やプランだけでなく、しっかりとトラブルに対しても対応しきれる会社なのかどうかを比較するのも大切なことでしょう。

様々な面を比較して自分が納得のいく答えを出しましょう。

このように様々な面を比較することにより、自分の納得のいく会社を選ぶことが大切なのです。

電力自由化による価格競争は私たちにとって大きなメリットですので安い電気料金や良質なプランを探しつつも、その会社で事故などの最悪のケースが起きた場合の想定を考えておくことが必要でしょう。

よりよい生活のためにしっかりと電力自由化と向き合いましょう!

私がお届けしました!

チャーリーブラック
専属ライター/新電力がアツいです
寒がりで普段から着こみ癖があります。
冬は電気代を抑えるのに必死です。
好きな家電→ 加湿器と15年以上使っているDENONのコンポ

関連する他の記事

京都タワーも導入!LEDで電気代は安くなるのか?
京都タワーが投光器をLEDの投光器に変更すると発表しました。LEDと従来の電球の違いも含めて、電気照明の…
新電力を救う!?メリットだらけのバランシンググループとは
私たちの選択肢がより一層広がるために今広まっている新電力会社によるバランシンググループについてメリ…
関西電力エリアで一般家庭がお得になる電気代プランランキング
関西電力エリアで一般家庭が電力プランを選ぶ時、どのプランが一番オトクになるでしょうか?電力自由化に…
北陸電力の電気料金プランをご紹介!電力自由化での節約の鍵は割引プラン!?
北陸電力は、電力自由化を受けて条件によって割引を受けられるプランをリリースしています。北陸エリアに…