電力自由化って何?上手に電気代を安くするにはどうしたらいい?

TOP > 電力自由化 > 電力自由化とは?どうしたら上手に電気代を安くできるの?

電力自由化とは?どうしたら上手に電気代を安くできるの?

2016年から適用された電力自由化とは一体何なのでしょうか?

電力自由化が適用されると電気代が安くなると言いますが、そこにはどんな条件があるのでしょうか。

2016年4月から法律が改正され、電力自由化が始まっていることはもう皆さんご存知のことだと思います。

電力自由化によって、契約する電力会社を自分で自由に選べるようになりましたね。

電力自由化の法改正前は、選べるのは地域の電力会社のみでした。

電力自由化の実施に伴って様々な業種の企業が「新電力」として電力業界に参入してきた他、地域の電力会社も地域の垣根を超えて電力を供給できるようになりました。

電力自由化で電気代が安くなる

そんな電力自由化の最大のメリットは、契約する事業者や電気代のプランを変えることで、電気代が安くなる可能性があることです。

新電力の企業は様々な理由で電力を安価に販売しています。例えば基本料金の算出方法を変え基本料金を安く抑えたり、設備の維持費を低くして費用がかからないようにするなど、電気代を直接的に安くする工夫も行っています。

また、新電力として参入してきている企業は、ほとんどが他の業界の大手企業です。通信会社やガソリン会社・ガス会社などは、自分たちの本業である商品とセットにしたプランを提供することで、電気代だけでなく他の生活費も抑えて結果的にお得に電力を提供しています。

現代は通信費が家計の内訳を大きく占めているため、大手通信会社の通信費割引とのセットは特に人気のあるプランです。

このように、電力自由化によって電気代や生活費を安くすることが可能になります。

ですが電気代を安くしようとに契約会社を変える前に、何点かチェックしておくべき点があります。

チェック1.電気代プランの対象地域を調べる

まずは自分が申し込みたいと思っているプランが、自分の地域でも適用されているか調べましょう。

現代はインターネットが発達しているため、あらゆる地域の情報を簡単に集められます。そのためお得に感じて契約したいと思ったプランでも、調べてみたら自分の地域は適用外だったという残念な事態も起こりやすいのです。

電気料金プラン比較シミュレーションでは最初から自分の地域を入力して自分にあったプランを探すことができます。

多すぎる情報量に迷うことなく適切なプランを検討できるためおすすめです。

チェック2.契約を切り替える時初期費用がかからないかチェック

次にそのプランに切り替えを行う時、電気代以外の初期費用がかかるかどうかも見ておきましょう。

契約先となる電力会社を変更する時はほとんど手間はかかりません。

新規の電力会社へ申し込みするだけでよく、今まで使用していた電力会社への連絡は不要です。

Webで簡単に申し込める新電力もあります。

契約先の電力会社を変える時も電線や設備は今まで通りのものが使用されるため、大掛かりな工事どころか工事日当日に立ち会う必要すらないケースがほとんどです。

ですが電気メーターは企業とプランに沿ったものに変更する必要があります。

どの企業でも電気メーターの工事は基本的に無料で請け負っていますが、時には手数料をとる企業もあるようです。

電力自由化によって電気にまつわるあらゆる料金が多様化してきたため、企業ごとの違いも生まれやすくなっています。

余計な出費をしたくないという人は、初期費用などもきちんとチェックした上でプランを切り替えるようにしましょう。

チェック3.そのプランで年間の電気代が安くなるかシミュレーションする

電気代のプランを変更するときに最も注意すべき点が、そのプランで本当に年間の電気代が安くなるかどうかです。

電気代のプランを検討する時は、基本的に1ヶ月の料金を見ることが多いでしょう。ですが電気は月によって使用量が変動しますし、夏冬は特に使用量の多くなる時期です。

また、地域によっては電気の単価も異なります。

電気代を切り替える時は、年間通して電気代が安くなるかという視点が必要です。

新電力によっては季節や時間帯によって電気代が変動するプランも打ち出しています。自分の家がどのように電力を使用しているか知り、それにあったプランを選ぶようにしましょう。

私がお届けしました!

ERENA
専属ライター/美容家電ならおまかせ!
スチーマーを愛用しているのでもうすぐ水◯希子になれるはず。
好きな家電→Panasonicスチーマーナノケア

関連する他の記事

電力自由化後、北海道電力のエリアで料金が安い新電力
電力自由化によって、北海道電力のエリアではどこの新電力の料金が安いのでしょうか?それぞれの新電力の…
【電力自由化ニュース】燃料費高騰で大手5社の電気料金が値上げ
燃料費の高騰で、2016年の10月、地域の大手電力会社5社では電気料金は値上げとなるようです。電気料金が…
意外とすごい?!東京電力のクリーンエネルギーへの取り組み
マイナスな面が注目されがちな東京電力ですが、積極的にクリーンエネルギーへの取り組みを行っています。…
家電の電気量料金を計算するために必要な基礎知識
家電の電気量料金を計算する時に必要な基礎知識を紹介します。各家電を動かす場合にはどれくらいの電気料…