電力自由化によって集合住宅が被るデメリット

TOP > 電力自由化 > 電力自由化後に集合住宅で電力会社を変更できないケースとは?

電力自由化後に集合住宅で電力会社を変更できないケースとは?

2016年4月1日の電力自由化以降、節約したいし電力会社を変えようかなと考えている方も多いのではないでしょうか。

しかしマンションにお住まいの方は電力会社を変更することができないと思い込んでいる方もいると思います。

アパートやマンションといった集合住宅に住んでいても、電力会社を変更することはたいていの場合可能です。

ただし「たいていの場合」と書いた通り、集合住宅に住んでいても電力会社を変更できないケースもあるのです。

そこで今回は、集合住宅に住んでいるにも関わらず電力会社を変更できない例をご紹介します。

高圧一括受電契約のマンションに住んでいる場合

アパートやマンションに住んでいても、たいていの場合、電気料金の請求は家庭ごとに届きますよね。

そのため、隣が〇〇電力会社と契約しているから、私もその電力会社に変更しなければいけないということはありません。

それぞれの家庭で独立して契約を行っているため、住まい単位で電力会社を選ぶことができます。

これが2016年に始まった電力自由化です。

しかし、住んでいるマンションによっては電力会社を変更したくても、マンションの契約状況によってはできない場合があるのです。

その例としてまず挙げられるのが、住んでいる集合住宅が「高圧一括受電契約」で電力を供給している場合です。

文字だけをみると堅く、内容が難しそうな印象を受けますが、簡単に言うと「マンション1棟全体を一契約として、一括で電力が供給されている状態」のことです。

一旦は高圧で電力が供給され、共用部分などの電気代が高くなる場所に使われます。

家庭には、マンション内に設置されている高圧受電設備で電圧を調節したのち、電力が供給されます。

この契約だと管理会社や大家さんが選んだ電気会社次第では住んでいる人に負担がかかるようなプランになっているかもしれない、と感じる方もいるかもしれません。

しかし居住者にも、共用部分の電気代が安くなるため共益費が安く済む、個人で電力会社と契約した場合より電気料金が安くなることがあるといったメリットがあります。

ただし、このような契約になっていれば電力自由化の恩恵を受けることができません。

電力会社を変更することができないのです。

そのため、引越しをする際にはどのような電力契約となっているかも確認する必要があるでしょう。

大家が電気料金を徴収している場合

「大家が電気料金を徴収している」と聞くと、先ほどの一括受電契約よりも怪しさを感じる方が多いかもしれません。

たしかに現在はこのような電気料金の支払い方は減ってきています。

しかし下宿や規模が数人程度のアパート、ハイツでは大家が電気メーターの検針をおこない、その数値に応じて電気料金を徴収する場合もあるのです。

最近流行しているシェアハウスでも、一つの電力会社を契約し、毎月の電気料金を居住人数で割り、大家が徴収するといったケースもあるそうです。

この場合、電力会社は大家が指定した会社であるため変更することはできません。

このような契約形態は、電力会社への申し込みの手間が省けるといったメリットがあります。

しかし電気料金がどんぶり勘定になっていて、「個別に契約した方が安い気がする」と感じる方もいるそうなので、きちんとした明細やメーターの写真をもらうなどして、注意することが必要です。

集合住宅に住んでいて電力会社を変更したいときは

集合住宅に住んでいたとしても、電力会社の変更は電話やインターネットで簡単に申し込むことができます。

しかし、高圧一括受電契約になっていたり、大家が一括徴収していたりする物件に住んでいる場合には、そう簡単に電力会社の変更はできません。

そのため、まずは管理会社や大家に相談することが必要となってくるでしょう。

しかし一括で契約しているため、個人の申し出で電力会社を変更できるかどうかに関しては、難しいと考えられます。

ただ、電気はほぼ毎日使うもの。

1日や1ヶ月ではそれほど電気料金が変わらなくとも、年単位でみると大幅な節約・節電に繋がる場合もあるのです。

電力会社の見積もりによっては、1年間に単身世帯で1万円以上の電気料金の削減ができるケースもあるそうです。

これに加えて各電力会社によっては、Tポイントやマイルが貯まったり、ガソリン代の割引が適用されたりすることもあるため、どのようにしたらおトクになるか、十分検討してみることをオススメします。

2016年から始まった電力自由化の流れをうまく利用し、節約するために上記のような電力会社の変更ができない物件から引っ越すのも一つの手段として考えてみても良いかもしれません。

おわりに

以上、電力会社の変更ができない集合住宅のケースをご紹介しました。

高圧一括受電契約のマンションや大家が電気料金を一括徴収する物件に住んでいる場合は、電力会社の変更ができないことが多いです。

しかし電力自由化によって電力会社を自由に選べるような時代になったため、その流れを受けて管理会社に相談してみたり、引っ越しを検討してみたりしてもいいかもしれません。

私がお届けしました!

ERENA
専属ライター/美容家電ならおまかせ!
スチーマーを愛用しているのでもうすぐ水◯希子になれるはず。
好きな家電→Panasonicスチーマーナノケア

関連する他の記事

電力自由化を機会に考えたい、発電と環境のお話
電力自由化を受けて、電力会社を自由に選べるようになった。電力自由化を機会に、電気の発電と地球環境に…
電力自由化対象地域でも電力会社を選べないデメリット
電力自由化はその地域に住んでいれば誰でも恩恵を受けられると言う事ではありません。集合住宅の場合がそ…
第1回:まずは概要を知ろう!電力自由化の全容を解説【全5回】
全5回連載の第1回目です!電力自由化について、電気料金のことから環境問題に至るまで、さまざまな視点か…
ブンヤ教授の電ニュース!:海外では電力自由化がおすすめされている?
電力自由化で新電力に乗り換えを行うのが本当におすすめなのか、日本よりも早く自由化を行っていた海外の…