京都タワーがLED照明を導入

TOP > 電ニューコラム > 京都タワーも導入!LEDで電気代は安くなるのか?

京都タワーも導入!LEDで電気代は安くなるのか?

東京タワースカイツリーランドマークタワー六本木ヒルズ
街を彩る華やかなタワーたちを目にする度、その美しさに感動しつつも
心のどこかで思っていることが一つあります。

「一体、どのくらいの電気代がかかっているんだろう」

あれだけの光量と規模ですから、家庭の電気使用量なんて目じゃありません。
電気使用料金の請求書がとんでもないことになってそうですね。

そんな庶民の疑問を汲みとってくれたのか、LED照明に乗り出したのが京都タワーです!

京都タワー、LEDでライトアップ!

京都タワーは2016年の3月14日からLEDによる投光器を導入すると発表しました。

これまでのマルチハロゲン灯50台からパナソニック製のLED投光器「ダイナベンダー」20台に置き換え、LED特有の色鮮やかな表現と省エネ・省効率を実現します!

さらに、運用開始の3月14日には、京都駅の駅前広場にて点灯セレモニーも行われます。
京都駅前で新しい京都タワーの誕生を一緒に祝いましょう!

LEDにするメリットは?電気代はどうなの?

猫も杓子もLEDという感じですが、実際のところLED照明に変えることで電気代がお得になるのでしょうか?

実は、消費電力だけで見ると白熱電球と比べた場合では1/5程度まで下がりますが、電球型蛍光灯とはさほど変わりません。

しかし、寿命は白熱電球1,000から2,000時間電球形蛍光灯13,000時間なのに比べてLED電球はなんと40,000時間!

買い替えが少なくなる分、電気関係にかかる代金という意味で、電気代がお得なんですね~!
京都タワーのように、自宅の電球も鮮やかなLED照明に変えてみるというのも良いかもしれません!

私がお届けしました!

ユウ
専属ライター/メカに萌えます
こう見えて趣味はスノーボード。
好きな家電→iPhoneは家電に入りますか?

関連する他の記事

電力自由化でオール電化の家は得する?メリット・デメリット
電力自由化でオール電化の家庭の場合、損するのか得するのかについて解説します。オール電化の家庭の場合…
電力自由化後【関西電力地域】のオール電化向けプラン
電力自由化によって、東京電力エリアと同じように、関西電力エリアのオール電化プランは料金プランが変更…
常識をひっくり返す!電気を使わない自動ドア
電気を使わないい自動ドアの紹介。環境にも経済にも、人にも優しいドアなのです。
ケーブルテレビ系のセット割引はどの新電力のプランがお得?
2016年4月から、様々な新電力が電力小売事業に参加しています。ケーブルテレビ系の新電力のプランについ…